【行政書士】合格した理由=問題文の読み方の処理スピードが速くなったから



 

どうも 寺本です。

あなたが 本屋の本を買いました、

業者の通信講座に4万~8万の金払って 大量教材が家に届きました。

で、

本を読まない、DVDも見ない。

 

それはなんでですか?

遅いから。

自分の処理スピードの遅さに 辟易するから。

 

辟易(へきえき)=ドラゴンボールで言えば ヘドが出るってこと

 

具体的に何が遅いのか?

 

いちいちストップする。

長文、専門用語、独特の言い回しに いちいちストップするから。

勉強始めたら いちいちストップの連続、

今日 自分がやった勉強内容、実感は?

「ほとんど覚えてない」

「ほとんど前に進めてない」

 

そんなダメな自分を知っていくだろう。

 

だから?

本を触る、DVDを再生する・・・

その行為自体が トラウマになってるはずだ。

 

「わかってる、わかってる、だけど・・」

 

だけど何?

諦めてないんですよね?

勉強やったり やらんかったりしてる自分に嫌気が差してる、

自分自身にケリをつけたいんですよね?

 

どうしたらあなたが救われるのか?

 

簡単や。

合格レベル、合格スキル作る話を読む、聞くのをやめればいいのだ。

 

再掲載

「いちいちストップする。

長文、専門用語、独特の言い回しに いちいちストップするから。

勉強始めたら いちいちストップの連続」

 

なんでですか?

それは

合格レベル、合格スキル作る話を 業者の教材に押し売りされてるからだ。

ついていけないのは当たり前。

 

だったら どうするかって?

合格レベル、合格スキルうんぬんじゃなく、

本が読めるスキルを身につけることに専念するだけ。

とにかく今は

あなたの処理スピードが速くなることを目的にするのだ。

 

言ってることわかる?

 

業者の本を一人で触ってたら ついていけない、

どんどん自信を失うだけ、

だったら

自然に本を触る接触頻度が ダントツブッチギリで低くなる、

本を触る回数が少ないなら 合格レベル、合格スキル作る話には届かない。

これが悪の根源だよ。

 

しかし

あなたがついていける話だけに専念し、

本が読めるスキルを先に身につければ 処理スピードが速くなる、

あなたが処理スピードが速くなったなら

自然に本を触る接触頻度が高くなる。

だったら

合格レベル、合格スキル作る話についていけるチャンスは 後から必ずやって来る。

 

 

え?

本が読めるスキルを身につけ 処理スピードが速くなるって

それ、誰があなたに教えてくれるのかって?

 

もちろん、私がやってるスマホ通信講座だ。

 

さあ

今日が最後のチャンスだ。

 

おしまい

寺本考志