行政書士試験2016  科目別の勉強方法の違いをまとめてみた結果・・



民法 行政法

過去問重視だ。

新しい知識や問題はいらない。

どうやったら、知識と知識をつなげるのか?

組み合わせることができるのか?

 

そうゆうことだけに専念するだけ。

 

憲法、会社法 一般知識

これらの科目については

シロウトが 単調に本をよんでしまえば、

最初から最後まで何やってるか、

分からずに終わる科目だ。

あの~ こうゆうのってね、

憲法、会社法、一般知識、国語、ネット・情報関連が 直接書いてるページで勉強するのではなく、

民法、行政法で学んだことを使おうとする勉強が正解なのだ。

 

それで勉強するからこそ、自信を持って 試験本番で解答できる、点数取れるのだ。

 

分かりにくい科目だけ 予備校のDVDや模試や直前講座を受ければ・・

 

自分にとってわかりにくい、点数とれてない状態ってのは、

そうゆうことでは解決しない。

 

科目別と私は言ってるが、

実際は 試験科目は1科目しかない、

それが分かった時が 確実合格

そうゆうふうになれる勉強方法を教えてもらえば一番早いのだ。

もちろん、私なら そこを教えられる。

「そこらへん」を教えるのではなく

「そこ」を教えることができるのが 私だ。

 

以上

寺本考志

 

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術