【行政書士 勉強法】簡単な基礎知識を覚えただけで短期一発合格できるとは?



どうも 寺本です。

 

なんでもそう、

先に最悪な結果を考える。

「死ぬほど勉強したのに なんで落ちることがある?」

それは

簡単、ド基礎を軽視した、

置き去りにしたから。

 

勉強していく過程

大事なことを身につける過程の中身に

序盤、中盤 終盤があるとすれば?

どうしても

終盤部分、結論部分だけに目がいってしまう

内容理解よりも 目と頭で「念写」的な 雑な勉強が多くなる。

 

すると??

「初見、一回目 問題見たときの」気付く力がどうしても弱まる

それが克服できなかった、

そこが あなたの課題です。

※ h29の行政法 記述問題で言えば パチンコのフレーズ

 

簡単、ド基礎なことをあいまいにしてたら

気付くもんも気付けない

なぜ

簡単なことを置き去りにするかといえば

普段、

テキスト、過去問見てたら

「難しいことのほうが試験で出題される」

その思い込みがどうしても強くなって目が引っ張られる、

その思い込みに打ち勝てないから

そうゆうことなんです。

私は10年以上 言い続けてる

情報源を一本に絞れよ ネットでガセ情報あさるなよ ってね、

業者の本や講座に煽られてヘタに触ったら 本試験会場で即死する ってね。

 

それは

「難しいことのほうが試験で出題される」

その思い込みを助長して錯覚させる、

本試験会場のイスに座った自分の首を絞めることになるからだ。

 

本試験問題で間違えたもん、見直したら?

決して難しい問題、肢ではないはず。

そんなたいしたもんじゃない、

あなたはすでに気づいてるはず

そのほとんどが 「事前に準備できてた範ちゅう」だってことを。

 

だったら

あなたの目に 本試験問題がどう映ってようが

簡単、ド基礎の積み重ねで解いた問題 全部たしたら 180点になるんです。

そこを肯定する信仰心が 本試験日までの道中にブレたから。

落ちた原因分析はここまで。

ーーーーーー

さて

簡単、ド基礎の積み重ねは どうしたら完成するか?

それが私のスマホ通信講座でやってることだ。

 

もう一度言おう

合格者てのは 難しい知識を覚えてない

 

不合格者 いつまでも受からない人ってのは 難しい知識をあいまいに覚えてる。

資格試験の名前が変わっても そこは同じ。

 

本番中、

意味不明な問題を、

「今まで考えたこともないほどの労力使って、答えた・・」

それが合ってる確率は、0%に近い。

要は、

本番中いくら時間を使って考えても、答えが合わない文章が 本番には存在してるってこと。

合格者は最初から それを知ってる。

知ってるから 普段から難しいことを一切 相手にしてない。

 

もしかしたら

今のあなたが困ってるのは 今わたしが言ってることの意味がサッパリわからず

業者の本、DVD ネットのガセ情報を毎日見てるからだ。

 

ーーーーーーーー

合格者てのは 難しい知識を覚えてない。

それは

「合格者は ド基礎しか覚えてない」と同じ意味だ。

 

ド基礎しか覚えてない、

難しい知識は覚えてない、

なぜ そんな状態で行政書士試験に合格できるか?

あなたが知りたいのはここだろう。

 

答えは

テキストを使いこなすスキル

そして

新しい問題文を分解するスキル、改造するスキルだ。

 

そのスキルを身につけるために私からおしえてもらって

この地獄の受験生活から卒業するか?

それとも

毎年同じ誤ちを繰り返してる受験生30000人と同じ運命をたどり

本試験終わった後 後悔するか?

どっちの人生を選ぼうが あなたの自由です。

 

おしまい

寺本考志