カテゴリー別アーカイブ: 通信講座で勉強

行政書士試験2016 俺は去年の試験前7月から通信講座を受けたけど、そうゆうヌルい勉強では実際は受からないのか?

1対1で自分専用の先生がほしい

    ・DVDとブ厚い教材一式を買って、家に届いて一人で自己責任でやるとか   ・ウェブストリーミングで自宅学習 (予備校講義のリアル配信、家のパソコンで生中継)   そうゆうやり方で 自分が受かるのかどうか?という疑問、質問 私は このテの疑問、質問にいっつも思う。 「ホンマに見るんか?」 「最後の最後の最後の最後まで ホンマにやるんか?」   合格するための道具、手段というより、 ここの段階を達成できるかどうかが そもそもの問題。 それが事実、現状。   結果、 「自分の好きなとこだけ、できるとこだけ・・」 「めんどくさいとこは後回し、手つかず・・」   それじゃ 本番で誰も勝てねえよ~(笑)     ハンパなことしてても、来年もまた落ちるだけ   ヌルイ勉強しかしてないのに、試験会場のイスに座っても 結果は見えてる、 大金払ってでも勉強したい、合格したいっていうなら、 予備校にいけばいいのだ。 予備校で一個問題なのは、 曜日と時間帯。   もし、予備校の時間帯に合わせらないなら、 私の直接講座のように、 あなたの仕事以外の時間と合わせてくれる講義を見つければいいのだ。     他の受験生がどんな勉強してようが、何をすすめてようが、そんなもんはどうでもいい。 あなた一人さえ受かる手段、取り組みを見つけるだけで合格が近づくのだ。   それもできんようなら、もう諦めたほうがいい。 以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験2016 俺は2回受けたけど、2回とも点数ボロボロ、足切り・・合格者はいったい何点取ってるのか? 俺も取れるのか不安になってきた

1対1で自分専用の先生がほしい

  自分の自己採点がボロボロ、他人に言えない・・ 合格者はいったい何点取ってるのか?  自分はこのまま勉強してて 同じ点数とれるところまでいけるのか・・ 次回の本試験日まで、勉強する気やけど・・不安になってきたんや・・   はい、 足切り食らうってのは、 まあ、法令択一と、一般知識の二つの意味がある。   一般知識の足切りを回避するには? 簡単や、 私の直接指導講座で 私と話してるだけで6問とれる。 なんで? 勝手に読めるようになるから。 あの、 言っておきますが、 私の講義は、めちゃめちゃ時間経つのが早いですが、 楽でヌルイことはしないし、 話を聞いてるだけ、メモルだけ・・ そうゆう、 レベルの低い講義ではない。   何が言いたいかってゆったら、 予備校や業者の一般知識対策の問題集500ぺーじくらいあるやつを覚える必要はないってこと、 覚えたって、本番で出ません。 残念ながら、 一般知識で覚えたことなんか、本試験日になったら、 全部忘れてるのがふつうです。 なんで? 体系、理屈がないから。 一般知識ってのは、 高校の授業で言えば、 つまらん先生が言ってそうな歴史や現代社会の話を メシ食って、腹いっぱいになって、午後から聞いてるようなもんだ。 (あなたの学生時代にも体験してるはずだ(笑))   要は? まともに勉強したら、 すべてが時間の無駄になるのが一般知識ってことだ。     法令択一の足切りを回避するには?   はい、これですよね?(笑) 記述が採点してもらえる点数をとれずに試験で落ちた・・ まあ、だいたい、110~120点の間が 足切りのボーダーになる。 こんなとこで、 足切り、配点の概要を私が言ってもしょうがないが、今日はサービスだ。(笑)   憲法、基礎法学、民法、会社法(商法)、行政法、の40問で160点 憲法、行政法の穴埋め問題で24点 ここで、 120点とれば、合格したのと同じだってこと。 なんで? 法令択一120点とれる実力ある受験生が、 記述問題で 0点コクわけないから。   また、私の教材や講座で言うけど、 記述問題で点数とるってのは、 新しくて難しい問題をやった数じゃなく、 「おたくは、いつもどこを見てるんですか?」 それで点数が決まるのだ。   話を戻す。 合格者は上で言った184点満点中、何点取るかって話   答えは、 120点~130点だ。 私は 行政書士試験に100回受けて100回受かる自信があると言ってるが、 私が 時間はかって3時間で60問やっても、点数は120-130点だ。 何回やっても、何年経っても同じです。   で、 あなたは法令択一の足切りが越えられない、記述問題が採点されない、 そんな試験結果だったから、本試験日まで不安で仕方がない・・ そうゆう状況なはず。   でも、大丈夫、 あんまり、いいたくないが、 2015年の行政書士試験が終わってから 落ちた受験生の方々からたくさんのメッセージを問い合わせからもらったんですが、 法令択一の足切り食らった あと一年、どうしたらいいかわからなくなってしまった・・ 予備校、通信講座で勉強したのに、足切り越えなかった、勉強方法変えたい・・   そうゆう意見が多かったので、 足切り突破専用教材を私が作るんで 待っててください。 私のブログのすべてのページに表示されるようにするんで、 私のブログをブックマークしててください。   待てない? 気になって 夜も眠れない? ヒントくれ? 試験官の声があなたにも聞こえるようにしてあげるってことです。     以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験2016 絶対合格できるテキスト、参考書、重要ポイント書いた小冊子、問題集がほしい!

一発合格できた方法

  本番で絶対に点数取れる、合格できるテキスト、参考書、問題集がほしい!   そんなもん、この世にない。   自分が本試験で落ちた事実を知った後、 自分の考え方、見方が変わってないのに、 自分が変わらないまま、 行政書士試験の教材を、日本中から全部集めてきても、 来年もまた落ちるだけ。   知らん受験生が5万人おるから言っておくが、 本番で出される問題を  あらかじめ見たことがある受験生は この世にいない。 つまり、 試験官は 完全オリジナル問題を 毎年作ってくる、 予備校模試や予想問題と同じ問題も ありえない。 もし仮に 本試験前に、同じ問題が公表されてると判明したら、問題変更するためのストック、差し替えくらい、 平気でやってくる。 なんで? それが試験やから。 受験生が知ってることを単純に吐き出すだけで資格をくれる・・ そうゆう、「大学生のノリ」でやれるようなヌルイ戦いではない。   「何が本番で出るか?」 当てる、教えてほしい、覚えたいってのは、 楽で早く、なんでもかんでもインスタントに考えてる敗者の発想。   ならばどうするか?     勉強方法を変える、 あなたが自力で点数とれるための勉強をやるしか合格はない。 その方法は存在してるのだ。   と、 聞いた瞬間、 「自力をつけるための修行が必要? めんどくせ・・」 「前置き、過程はいらんから、さっさと、次回本番で何が出るか、教えてくれよ~」   そのような、 楽で早く、ヌルイことしか考えないならば、 あなたは 行政書士試験に合格どころか、 一生、現実を変えることはできない。     「合格者と自分の間に横たわる 実力の差別を十分に感じてる」 「自分の考えを捨てて 他人の言ってることを全面的に受け入れる準備はできてる」 「本気で反省してる、本気でやり直して 次回に合格したい」   そう思ってる人だけ、 私の教材を買いなさい。 そして、私が大阪でやってる直接指導講座に申し込めばいい。 あなたがそこまでできたら、 次回の本試験で 確実に合格できるから。   以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験2016 勉強してすぐに受かる人と 何回受けても落ちる人の違い。  たぶん第1話(笑)

1対1で自分専用の先生がほしい

受かる人、受からない人の違いを 全部取り上げてもしょうがないから 今日は一個だけ。   あなたは勉強してて、 分からん部分、難しい部分に出くわしたとき、 「誰かに質問したい、答えが知りたい、納得したい」 「割愛して パッと終わりじゃなく もう少し 自分に優しく説得してくれないかな~」 そう思うだろう。   要は 一方的に 「見る、読む、聞く」 という受け身ではなく 足らない部分、意味不明な部分がでてきたときに いちいちストレスになるってことだ。   ここをもう少し見てみよう。   たとえば、 私が直接教える場合、 かつ、今日初めての受験生の場合、 先に3時間くらい私がしゃべる、 で、 私が、 「聞きたいこと持ってきたでしょ? 答えるわ」 といえば すぐに受かる人はなんと言うか? 「もう大丈夫です、聞きたいこと全部聞けたんで」 腹が据わって言えるのだ。   どうゆう意味か分かりますか? 「自分が今の今まで気にしてたことは合格することに関係ない」 って一回の説明で分かったからです。   ・絶対自分が一人で考えてやらなきゃいけない部分、 ・試験範囲に関係ない部分、   それを分けてもらわなきゃ 前に進めないってこと。 その過程を踏まなきゃ 疑問、意味不明なもんが消えていかないってこと。     何がいいたいかって?   今、自分がやってることが試験範囲なのか、試験範囲外なのか? 今自分が考えてることは合格に必要なことなのか? 不要なことなのか?   すでにダメな状態の人が そこの善悪を誰にも教えてもらってないのに、 勉強続くわけがない、 合格できるワケがないってことですよ~(笑)   結論は?   すぐに受かる人、受からない人の一番大きな特徴は、 「必要な情報といらねえ情報を誰に分けてもらったのか?」 そこの師匠の違いだけです。     やることは簡単、 あなたの師匠探しに必死になること。 ある程度試してみて、合わなかったら、次々探したらいい。 それだけです。   今日は以上    続きを読む

行政書士試験2015 俺は予備校に通って「解説聞いて問題やる」を単調に繰り返したが、模試で点数取れず、講師に「勉強方法が間違えてる」と言われ・・

テキスト・過去問の分析のやり方

  ・DVDか、ライブで解説を聞く   ・問題やる、模試をやる   ・点数取れない、やったことの整理もできない、   ・講師に相談したら 「勉強のやり方が間違えてる」といわれた つまり、 自分の抱える問題というのは、相談しても無駄だった。   ・仕事があるから、終わったら疲れてる、朝早いし、残業もある、   ・仕事終わってから 寝るまでと、休日の時間だけでは、 とてもとても、自分を改造することなんかできない。   こんな状況で?? 「来年の試験を受けたい、今度こそ絶対に合格したい」 と、いくら思っても、 試験の一年前から準備しようにも、方針を立てようにも 何も思いつかないまま、何も新しいことができないまま、 ただただ時間が過ぎていくことになるでしょう。   解決したいことが解決しないままで、 仕方なく 「やらないよりはマシ」という考えだけで これまでの延長戦のやり方で やみくもに勉強を続けても、 来年の試験も 結果は同じです。   断言しときます 一回本試験を受けた経験がある受験生なら 本試験受けて感じたことと、自分がこれまでやってきたことの違いが 分かってるはずです。 そこで生まれた「わだかまり、胸のつっかえ、疑問」が取れてないまま、 自分なりの考えだけで勉強続けても、 まず、合格はない。 なんで? 試験官は 甘くないから。   以上 寺本    続きを読む

行政書士試験 予備校や通信講座で勉強して落ちた人の教材から、「受からない勉強方法」の分析、改善・・

1対1で自分専用の先生がほしい

まず、最初に言っとくが、 講義の聞き方とか、チェックの仕方とか、メモの作り方とか、まとめ方とか、 細かいとこ、実践的なとこまで 教えてくれる講師はほとんどいない。 そんなことを講義で 長々としゃべってる時間なんかないからだ。 (プログラムが時間通りに終わらない)   だけど私は 普段の勉強のやり方を教材でも目の前でも、場面を変えて、言葉を変えて何回でも同じことを口にする。 壊れたカセットテープのように、何100回でも私は同じことを言い続ける。 なぜなら、 受験生が一人になっても、意味のある勉強をしてくれるなんて 1%も私は信用してないからだ。   だから、私は、知識の解説、問題解説うんぬんより、 普段の勉強の癖作りの話が軸になる。   で、 私が直接受験生を教える場合、 必ず、受験生が使ってた教材をもってこさせる。 なぜなら、私が見たら、これまでどんな勉強してきたか、 5分以内に分かるから。   ここで ダメな具体例を全部言ってもしょうがないから、 大きいポイントだけ 無料で教えます。   ダメなポイント   1 テキストに マーカーを引きまくってる 頼むから 鉛筆にしてください。 ピンクの文字になってる文章を ピンクのマーカーでなぞるのをやめましょう(笑)   はい? 消えるボールペン? オシャレだね~(笑) マーカーと同じことです。点数にはなりません。   2 教えてもらった講師が言ったことを すべてテキストのすきまに埋め込んでる 後から自分が読めるようにしたかったら、ノートに書いてください。 甘く見てたら、 時間が経った後に自分が見たときに、 もう、読むことすらできなくなりますよ~   3 過去問の問題文のページ 寺 「なんで、サラやねん(笑) あんた、試験会場のイスに座る気あんのか?」 受験生「いや、あのー、二回目にまた使えるように・・」 仮に、 汚れたら汚れたで、見れなくなったら見れなくなったで、 本屋でまた、新しく同じ過去問を買えばいいだけですよ~(笑)   過去問の問題のページがサラじゃなかった時は?   あなたが過去問の問題文読んで 自分がえんぴつで書いたモン、 絶対消したらダメです。 完全に間違えてても消したらダメです。     はい、 あんまりたくさん言ったら、 私の教材買った後や、私の直接指導の楽しみがなくなるでしょ? ここらへんでおわっときます。 今日は以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験2016 予備校で知り合った人や友達といっしょに受験したが・・

1対1で自分専用の先生がほしい

友達といっしょに行政書士試験を受けた人で 悔しい気持ちでいっぱいや!! そうゆう人専用の記事   「なんで あいつと似たような点数結果なんだ??」 要は? 自分は、予備校いって、偉い人の話を延々と聞いて勉強してきた、 一方、友達は 市販の参考書と過去問だけで独学で勉強してた、 で、 同じ試験を受けて 自己採点が 自分も友達も100点前後の似たり寄ったり・・(笑) そりゃ、 「そんなにダメなのか、自分は・・」 なってもオカシクない。(笑)   代わって 予備校通い始めたときは 一人だったが 友達ができた、 で、 見た感じ、その友達よりも自分の方が勉強やってそう、点数とれる実力ありそう・・ だと思ってたのに、 本試験が終わってみたら、自分も予備校の友達も 似たような点数結果・・(笑)   どっちかが、自己採点の点数結果を多く見積もって嘘ついたり・・(笑)   こっちのパターンの方がよくある。   なにがいいたいか?   落ちたことはもういい、 しかし、 あんだけ勉強したのに、あんまり勉強できてそうにない人と自分は点数結果が同じ・・   悔しい! 腹が立つ! だからまた今から来年に向かって勉強しよって思えるんですよ~(笑)   予備校ってのは、自分の面倒をみてくれる場所じゃない、 そんなお人よしは 業者にはいない。 プログラムについてこれない人は、そこで終わり、 自分が停滞してても、プログラムは進んでいくから。 そうゆうとこです、   しかし、それでもなお 予備校のいいところは、 自分と他人を 受験生という身分において、 思い切り直接に比較できるとこです。   誰でも必ず気づきます。 「あ~ 俺がやってることは、お勉強じゃなくて、勝負ごとなんだな」って。   こうゆうことが起こるからこそ、資格試験の勉強て面白いんですよ~ 逆に言ったら、 こうゆう 痛みを覚えるような出来事が起こらなければ、 資格試験の勉強なんか、何一つオモロイことなんかないですよ~     生の体験や。   まあ、こうやって言っても、   ・予備校には通えない、   ・仕事が忙しいから、定期的に開催される講義に出られない・・   ・一回 予備校通ったけど・・自分には合わなかったんや・・   ・いっしょに受験する友達作る・・ そもそも友達がおらんのに、新しく作るてどうやって?・・社交的な人間に今すぐなれといわれましても・・   ・それは勘弁してほしい、自分のことで精いっぱい・・   そうゆう人のために 私の直接指導講座がある!(笑)   現場があってこそ、生の体験を重ねてこそ 実力が身に付く!      寺本の直接指導講座のよくわかる特徴 ・自分がどんな試験の勉強してるのか、すぐわかる、 合格への意識がすぐに変わる、 ヌルイ気持ちが全部吹っ飛ぶ。   ・集中力はいらない、 なんで? 勝手に集中するしかなくなってるから。   ・自分が勉強するかどうか? 自分のサボリ具合を考える必要がなくなる。 なんで? 私が同じことを500回でも1000回でも言い続けるから。   ・自分は本番で緊張、あせりから実力が発揮できない、そうゆう不安や言い訳が消える なんで? 私にモノ教えてもらったら、 他のことはどうでもよくなる、一切気にならんから。 外部から つけこまれる要素が限りなくゼロになる、 思い込みがなくなるから。   以上 もっと詳しく知りたい、申し込みたい人は、下のリンクからページ移動してください。 寺本考志続きを読む

行政書士試験 俺は1年間死ぬほど勉強したけど 結局足切りで落ちる・・・もう諦めて違うこと探したほうが・・

1対1で自分専用の先生がほしい

要は?? 勉強を続行して 来年も受けるのか? それとも、 引退して他のこと探すのか? 決めかねてる人に聞いてもらおかなと。   試験終わって 腹が立つ、悲しい、ショック、悔しい・・ それはなぜか?   散々やってきたことが 本試験で出てくれなかったからだ。 「やってきた勉強を使えた! 本試験問題で出た!」 そこの手ごたえがほとんどないからだ。 まちがいないですよ。   試験で落ちる受験生5万人が 勘違いしてることがあるから ここで宣言しておく   本に書いてることや 業者の人間が話してることが 本試験で出るなんて、誰も言ってないってことだ。 試験官が そんなヌルイ手抜き問題を作ってくれるワケがない。   大事なことは、 試験で合格するってゆう過程、イメージは あなたと私とでは、あまりにもかけ離れてるってことだ。 ここの誤解を解く、 そして、 自分の考えを捨てて、他人の考えを全面的に受け入れること。 それができんかったら、来年も、結果は同じです。   たとえば、 「ある難しい知識を、自分が知らなかったから不合格、落ちたんだ・・」 「ある問題で 5分7分考えたあげく、結局間違えた・・」 「新種の問題読んでも 何も思いつかない、頭真っ白、その数が多すぎて・・」 落ちた人が 試験中に考えたことや終わった後に考えることは 何年も前から、試験受ける前から決まってることなんです。   だったら、 対処できる準備がハナから存在してるワケですよね?     そこに金出せるかどうかですよ。 そして、 普段から、誰でもできる、高校生や大学生がやってるような勉強ではなく、 めんどくさい作業も組み込んでやれてるかどうかなのだ。   最後に聞きますが、 あなたにとっての味方って誰ですか?   本試験で合格できる実力が自分にあるわけないのに、 うわべで「大丈夫だよ」って言ってくれる奴ですか? 嫌なことが起こっても、やさしくなぐさめてくれる奴ですか?   違うな。 自分のダメな状態をいっしょになってみつめてくれて、全力で修正してくれる奴です。 あなたにとってのその人を全力で探して見つけるか、 それとも、 さっさと諦めて忘れて、違うことはじめるか、 あなたの自由です。   以上 寺本考志          続きを読む

行政書士試験2015 解答速報見て自己採点したんや、そしたら 法令科目で120点なかったんや、足切りてそんな・・

1対1で自分専用の先生がほしい

解答速報みて、自己採点したら ○の数が少ない、法令120点取れずに足切りだった人へ   あのーー 法令択一科目だけで、だいたい120点取れなかったら、記述問題を採点してくれないんですね。 2月に送られる成績表の記述採点欄に *(アスタリスク)が入ってる場合、 それは、採点してないのだ、 決してミスプリではない(笑)   なんで記述を採点してくれない? あなたには関係ないかもしれんが、 全然勉強してない、試験会場に遊びに来ただけの受験生もたくさんいる。 そうゆう人たちの記述答案用紙を 試験官は読みたいとは思わないから。 だから、択一で足きり基準点を設けてるのだ。 厳しい言い方かもしれんが、試験官サイドの態度はそうゆうもんです。     100点を超えることすらできなかった・・ ネットの記事を見たら、他の受験生たちと 自分が難しいと思ってるポイントがズレてる・・ どうゆうワケなんだ??   要は、 力のない、足が遅い受験生にとっては、 本屋の本や、ネットで買った 「有名教材」だけで一人で勉強する・・ それで合格するには、そもそもムリがあるのだ。 ハッキリ言うが、 本屋の本だけを使って 一人で勉強しても、本試験で合格できないのは 当然なのだ。 そうゆう試験です。   2015の行政書士試験を受けて足切りくらって、アカンかった人が こう言ってました。 「試験終わって~、私が思ったのは~ 意味がハッキリ分かってなかったら、何回やっても間違えるし、 結局 合格させてくれへんのやな~て。」   私が探してるのは 本試験終わった後、こうゆう方面のことが自分から言える人だけです。   「もうちょっと勉強してたらよかった」とか、 「遊ばなかったらよかった」とか 「あの難しいのさえ出てくれなかったら、もしかして・・」 ただの敗者の発想です。 そして、 「ゴロ合わせ」とか、「他人が作った まとめポイント」とか、 「本番で何が出るか、知りたい」とか、 「過去問、模試、問題集、ありったけの数をこなした、覚えてきた」とか、 そうゆうのは、 試験会場のイスに座ったら、全部無力です。 来年も5年後も、そこは同じです。       来年の試験で絶対合格したいと思うなら、 一人の考えだけで 自分の実力以上の相手に逆らうのをやめることです。   逆らうのをやめるってのは、 他人に金を出して教えてもらう、そして素直に受け止めることです。 それができなければ、 現実を変えることはできない。 頼りにできる人間がみつからなければ いつでもどうぞ。   以上 寺本考志          続きを読む

2015行政書士試験に落ちた・・反省会や。1日で済む不合格原因の典型から自分を見つめ直すんや・・

1対1で自分専用の先生がほしい

1 部屋にある教材を見渡せば・・ 問題と解答が載ってる本やプリントが多くないですか? 「数が多かったから 見る気も失せた、復習する気も失せてた・・」 それが試験前の自分の実態じゃないですか?   私に同意するなら、参考書と過去問以外は捨ててしまえばいい。 捨てたフリはいらない、本当に捨てるのだ。 明日の朝いち、ゴミ捨て場にビリビリに破いて捨てるんです。 「全部捨てて 一からやり直す」 その勇気が持てる人間を 他人は絶対に見放したりしない。   2 予備校、塾、通信教育教材を利用した人へ 学校の講義やプログラムについていけましたか? もしかしたら、家に紙が貯まっていっただけじゃないですか? ひとつだけ言うけども、 予備校とか、業者ってのは、 自分を救ってくれるとこ、面倒みてくれるとこではない、 自分が変われるかどうか? 自己責任のトレーニングセンターだ。 すなわち、 「適応できない、ついていけない・・」 力のない受験生が そう感じた瞬間、そこを利用していても意味はないってことです。 有名やから信じて大丈夫とか、 出した金がもったいないから講義や教材や音声データを捨てれないとか、 そうゆう考えに引きづられてはいけない。   気づくとは「捨てる」ことなんや。   私に同意するなら、 あなた専用で徹底的に教えてくれる人を必死に探してください。 必ずどこかにいます。   3 知ってること、覚えたことが本番で出てましたか?   出てないですよね? そんなこと、10年前から分かってる、決まってること。 私は何年も前から 同じことを3000回から4000回ぐらい言ってます。 「試験官は 自分が知ってることなんか出してくれない」と。   試験問題が 新しくなったとか、難しくなったとか、 しょせん シロウト判断の情報です。 そうゆう情報にあおられて、 「新種の問題をいっぱい買って やりこなしておかなきゃ!」 それは、負けパターンの典型。 10年経っても同じです。     「先に知る」とは、知識や文章のことではない、 普段から訓練して 体で覚えること、 自分の主観を正すことです。   4 合格できるまで 今から後1年間 必死にがんばるには? どうすれば気持ちが1年間持つのか?   まず、個人的な優先順位。 「行政書士の資格取ることよりも、大事なことに時間と金と労力を使う・・」 だったら・・   勉強できないですよね? 「行政書士の資格、やっぱりいらんわ!」 「資格の勉強なんか辞めて、副業とかネットワークビジネスやるわ!」 そんなセリフ、いつでも言えますよ~(笑)   そうではなく、 あなたは 一過性、一時的に通用することや楽しいことに時間を使うんではなく、 長持ちするスキルがほしいんですよね?   だったら、 自分の嫌なとこ、痛いとこと全面的に向き合って戦うしかない、 自分が変わるしかないんですよね?   そのために必要なもんは ただひとつ。     あなたをその気にさせてくれる人と出会うしかない。   これは、私の人生の最終結論です。   つまり、 クソみたいな試験結果を突きつけられても、 純真な子供のような気持ちに あなたが帰れるかどうかが問題だ。   試験で落ちて泣くのはまだ早いで。 勝って終わった後に号泣してくれ。   私に同意してくれるなら、 経済観念や悪い習慣を捨てて、 もう一回立ち上がって欲しい。 これ以上の 再挑戦して合格するための武器、ヒントは 下記のリンクから見てください。   寺本考志            続きを読む

2015行政書士 不合格者への次回対策 最強寺本が本音で話す! うおおおお!

1対1で自分専用の先生がほしい

2015/11/9 はい、 今日はね、私じゃなく、「俺」って言うから。 ためぐちでしゃべるし、 いつも受験生に教えてる感じでしゃべるわ。   正直な話、 俺の記事を読める人、俺の話が分かる人ってどんな人か?   ・人生苦労してる人、 ・悪い現状をしっかり把握してるから 打開したいと本気で思ってる人、 ・現在やってる仕事がキツイ、劣悪環境だと分かってても、会社を辞めるわけにはいかない立場でがんばってる人 ・なんでもかんでもインスタントに片付けようとする考えや人間が嫌い、 ・一度がんばるって決めたことをすぐに諦めるとか、忘れたフリをするのが嫌と思ってる人、   まあ、こうゆう感じや。 何がいいたいか?   俺は、こうゆう人に向かってだけ 記事を書いてる、 俺の教材を使って合格してほしいと本気で思ってる。 俺に直接教えてもらって合格してほしいと心の底から思ってる。   正直、俺は金のために 資格試験の教材売ったり、教えたりしてるんじゃない、 他に仕事してるからこそ、本気で合格させる記事や解説ができるのだ。 「誰でもええから教材買ってくれ」 「金になるならなんでもいい」 って俺が思ってるなら、こんな話はしないし、 他人と比べて足が遅い、シロウトでも試験に合格できる話なんか わざわざ教えない、 予備校、通信教材と同じやり方で受験生に接してるだろう。 他の指導者や業者、そうゆう有名どころと、 俺が受験生に対して考えてることが全然違うってことは絶対わかってくれ。   前置きは以上や。 あなたは 試験でハネられたけど、 もういっぺん勉強して次回は受かりたいんですよね?   資格試験でハネられる人の特徴を聞いてくれ。   一番目の問題は? 勉強しないってこと。 勉強してるフリで 何日も何ヶ月も見て見ぬフリを続けるってこと。 で、 試験前になってはじめて、「しゃーなしでがんばってみよかな」 と、あせってあせって、もがき苦しむ。   二番目の問題は? 他人の言ってることに従う意思がないってこと。 自分がやりたいように勉強してるってこと、 過去の学生時代でやってきた癖、考え、そのまま疑わずに なすがままにがんばり続けるってこと。 「ええとこ取り」「楽で早く」を切り離さなきゃ、合格できない?? そんなことを一回も考えたことがないってこと。   三番目の問題は? ケチクサイ感情を捨てれないってこと。 たとえば、 5000円やったら買う、10000円やったら金を出さない、 なんで?   10000円出して負けたら損したと思うけど 5000円やったら、負けても損したと思わないで済む、 そうゆう経済観念を先に持ち出して考えるからこそ、来年も負けるのだ。   今日が あなたが復活できる最後のチャンスや よく聞いてくれ   「合格するまでに いくら金がかかったか?」 どうでもいい。 資格試験てのは、経済観念を持ち出したら負けるのだ。   資格試験てのは「勝つか負けるか?」 0か1000しかない。 500とか、950とか、「あいだ」はないのだ。 負けたら全部吹っ飛ぶ、やってきたこと1年間が全部パーになる勝負が資格試験だから。 試験で負けたら、自分がやってきた1年間が全部パアーになる・・・ だったら、 そこにかかった経費が 5000円やから損せずに済んだとか、20万やから損したなんて、関係ない。 なぜなら、 1年間という時間ほど 重要なモンは他にないから。   あなたが、2015/11/8の試験を受けて落ちたのであれば、 嫌というほど、体が理解できたはずだ。 ここを勘違いしたり、忘れたりしたら、いつまで経っても進歩はできない。   俺も そんなケチクサイ人間やった、さんざっぱら痛い目にあってきたから、 ここまでキツイことゆってるんですよ。   受験生活ってのは、どうでもええ小さいことを考えることがストレスになる。 「金が高いから、安いから・・」 そこで考えるんやったら、他にも勉強以外に気になることがたくさんあるはずだ   そうゆう、自分が気になることをいつまでも切り捨てないからこそ、 知識や問題の大事なところを 本当に考えなきゃいけないタイミングで もう力が残ってない、考えるのがめんどくさい、 結果、勉強時間が減っていくのだ。 本番でも、まったく同じことが言える。 ここは こじつけじゃない。 事実だ。   はい、以上から、 今のあなたがしなきゃならないことはなんですか?     「誰が言ってることを信じたら 自分の思い通りに近づけるのか?」 真剣に考えることだ。真剣に探すことだ。 あなたの知り合いが知ってること、 ネットで有名、ブランド、おすすめランキング そんなもんどうでもいい。 試験で負けた経験を持った、今のあなたなら、他人が好き勝手に言ってることがどれだけアテにならんのか? 嫌というほど分かったはずや。 大事なことは、 自分のヒドイ試験結果を見せ付けられて、 「やれてるアカの他人」と 自分とのあいだに存在する差別を、 真正面から受け止めること。   いま、そこに目をつぶったら、 一生、現実を変えることはできない。 来年も、自分は同じことを繰り返して、同じ結果になる。 だったら、 「力のない自分を変えてくれるのは何なのか?」 言い換えたら? 自分という人間ひとりが 実力以上の敵に勝つにはどうしたらいいか?   そこを教えてくれる人を探す、見つけたら徹底的に信じる。 真剣に考え、真剣に必死に探した結果、 そのあなたにとって信じるもんが 俺や俺の教材じゃなくてもいい、 それは、受験生本人の自由だ。   「真剣に考えた 真剣に探した」 その過程をあなたが持ったかどうかが あなたの人生、試験合格に一番大事なことなのだ。   「自分が合格できると信じてるから 毎日嫌な勉強を続けられる」 そこを作り上げること以外、あなたがやることは他にないんです。 今が試験の1年前とか、試験の1ヶ月前とか関係ない、 試験合格したいという感情に向かって、 ホンマに自分のハートが乗ってるかどうかや。   あなたが何歳であろうが、何回も試験で落ち続けた事実があろうが関係ない、 まだ何も終わってないねん、 「1回に賭ける青春や」 そこを本気で信じられる人間だけが 現実を変えることができるんや。 それだけや。   俺より年上のみなさん、言い方がエラソウですいませんでした。 以上 寺本考志        続きを読む

行政書士試験2015。予備校1年通ったけど 結果落ちた、俺の1年間は なんやったんや・・

1対1で自分専用の先生がほしい

はい、 よくある話。 特別なことじゃない。 私に直接教えてもらいたいとメールで問い合わせてくれる受験生、 実際に私に教えてもらった受験生の多くは 他の業者に金払って、本試験で痛い目にあった経験がある人ばかりだ。     予備校使って 本試験で負けたあなたが思ってることを当てます。   ・今までやってたことで、ハッキリ答えがわかるもんは一個も本試験問題で出てなかった (「自分は試験会場を間違えたのか?」 思うほど、やってきたことと距離がある本番問題だった)   ・予備校で教えてもらった知識や解説が 全部あげあし取られる形で負けた。 (正答と自分の解答を照らし合わせると 「絶対合ってると思った問題まで」×がついてる )   ・部屋にある予備校で買ったグッズ、もらった便利ツール、 どこに何があるか分からんほど量が多くて 見ることもできない。 (というより、復習が思うようにできないまま、本試験日がきた)   ・いっぱいいっぱい、知識や問題こなして時間使ってきたけど~ 自分一人で考えて勉強してたほうが もうちょいマシな試験結果やったのでは? と思えてきた (誰かを恨んだり、人間不信になりつつある)   はい、 こんな感じなはず、ここに書いてることをあなたは絶対考えたはずだ。 ネットの記事では出てこないが、これが現実です。   え? なんで私にそんなことがわかるかって?   簡単や あなたは昔の俺やからです。   大事なことは、 1対複数の講義で教える体制、 偉い人の話を一方的に長時間におよんで聞いてるだけ、メモルだけの時間、 「解説聞いて問題こなして、解説聞いて問題こなして」の単調な流れ作業・・ そうゆうのは、もう古いのだ。 なぜなら、力のない者がついていける理由など、どこにもないから。 「講義を聞いてるうちに、みるみる能力が上がっていき、 講義についていける実力が・・」 そんな魅力的な展開は訪れない。 貯まるのは、講義でやったノートや問題の数々、 消化仕切れない道具が部屋に積まれていくだけだ。   本試験の結果が悪かったどうこうというより、 そもそも、予備校のプログラムについていけてなかった自分がいたはずだ。 すなわち、 試験前から、嫌な自分を鏡で見続けて、自信を失い続け、 胸中はすでに試験どころではなかったことが あなたにとって、一番辛いことじゃないでしょうか。   断言してもいいが、 「自分が変わらなきゃ合格はない」   予備校に通ったのなら、 あなたは 天才、優良受験生を傍から見たはずだ。 問題は、 やれてる人間と自分とのあいだに広がる、実力の差別を十分に感じ取れたかどうかだ。   もし仮に、 そこに目をつぶって、 「また来年の7月から 追い込み勉強始めたら今度は合格するわ」 「来年の本試験で出ることが書いてる教材がほしい、ええとこ取りだけしたい」 敗者の甘い発想を捨てなければ、 あなたは 一生現実を変えることはできないだろう、   逆に、 やれてる人間との差別を十分に感じ取ることができてるならば、 やること、探すもんはひとつしかない。 自分だけのためにしゃべってくれる人、 自分の状況、実力に合わせて いくらでも話を変えれる、作れる、 そうゆう実践的な裏プロに教えてもらうことだ。   受験生活脱出したい、来年は絶対受かりたい、 本試験まで今が何日前とか、住んでる場所とか関係ない、   あなたが本気でそう思ってるんやったら、問い合わせ画面から連絡ください。 どんなにブザマな試験結果しか持ってない人でも、一発で終わらせます。 以上 寺本考志        続きを読む