【行政書士】合格理由=正しい過去問分析で本番の問題が予想できるから



 

どうも 寺本です。

合格者は知ってるけど あなただけが知らない知識を教えよう。

 

資格試験の本試験問題には 種類がある。

・サービス問題。
・勝負所、
・上級者しかムリな問題

サービス問題は100%確実に取る、
あなたが 本試験を2,3回受けてるなら そこはわかるだろう、

 

だが、難しいのは
・勝負どころの問題のどれを点数取れる?

・どれを捨てるのか?

 

その判断なのだ。

要は?

普段勉強してる最中

「試験に関係ないポイントでつまづいてるのか?」
「試験に関係あるポイントでつまづいてるのか? 」

 

他人に聞いてみないと絶対分からないですよね?

その区別ができなきゃ

全部覚えるしかなくなる、

だったら 時間の無駄が増えて いくらやっても

「時間が足りない 時間が足りない」

嘆くしかなくなる

 

だから?

 

私のスマホ通信講座では 全国受験生と以下のような目的をもって スマホでやりとりをやってる。

 

テキスト、過去問には
用語、長文の意味をどうにでも取れてしまう記事がある。

誤読、誤解が起こる記事が腐るほど存在してる。

ならばどうするか?

 

あなたが疑問に思ったことを
私に今聞いたとしよう。

 

「そうゆうことは一切考えるな、試験に関係ない 」

 

その一言を言ってもらえるから?

勉強しても点数取れない知識、問題が分かる。

捨て知識、捨て問の区別がつく。
試験範囲が狭くなる、テキスト、過去問の見るところが狭くなるのだ。

 

つまり、

試験範囲の内と外をハッキリさせるための勉強が 一番速いのだ。
どうやって?

寺本に向かって スマホで パッと出してシュッと文字を打つだけ(笑)

 

あとは本番中に?

落ちてる点数、拾うだけ

資格試験の特徴は、
「出せる問題決まってる」ってこと。

 

60問300点満点と公表されてるが

実は 点数くれる問題が最初から決まってる。
その決まってる知識、全部たしたら合格点の180点に達する

そうゆう仕組み。

 

もう一度言おう

 

資格試験の本試験問題の種類

・サービス問題。
・勝負所、
・上級者しかムリな問題

 

この区別ができてるから。

ここの整理ができてるから。

できてるから?

本番の問題が 単なる宝探しゲームになる。

 

あなたもそんな本試験日にしたいはずだ。

 

もっと詳しく はなしの続きが聞きたいひとは

下記のリンクから 私のメルマガにメールアドレスを登録してください。

 

おしまい

寺本考志

 

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術