行政書士試験 民法の勉強コツ 「贈与とは?」第一話



どうも 寺本です。

 

贈与ってのは ただで金やブツをあげることだ。

これは 普段 あなたが地元のツレと話す言い方だが、

法律の文章になったら 「無償」と呼ぶことを覚えましょう。

 

贈与と売買の違いを言えば

売買は 有償契約であり

贈与は 無償契約ってことになる。

 

「試験で良く出る具体例」

 

「俺の息子のめんどう見てくれるなら あんたに金をやるよ」

 

こんなんを負担付贈与って呼ぶ

 

「ワシが死んだら 世話になった迫田さんに財産をあげたい」

 

こうゆう言い方を 遺贈と呼ぶ。

これは

遺言と贈与が合体した言葉だ。

 

おしまい

寺本考志


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術