行政書士試験2019 民法徹底攻略。 あなたが主人公になる知識解説とは?



どうも寺本です。

資格試験の勉強がはじめての人は以下のように思うはず

 

「本屋の本買いました 一人でやりました ダメでした 今は触ってません」

「ネットの業者に金払って DVD見ました

今見ましたってゆったけど 実は10回分も見てないです 眠いから見れませんでした」

「予備校に大金払って プロの講義を聞きました

ついていかれんから通うのをやめました

自分はバカだと思いました、恥ずかしいと思いました」

ここまでは

あなたも 完全ドシロウト時代の私も同じです。

結局

業者のテキスト読んだり 知識の説明聞いてて

受験生が思ってることは同じなのだ。

「なんのために この知識があるのかわからん 説明してくれない」

「もっとわかりやすい話してくれないかな~」

こうゆうことだ。

今日はここをみていこう

テキスト書いてる知識と具体例がくっついてなかったら点数にならん

私はそういい続けてる。

具体例は 過去問や 業者の問題集に載ってる、

だが、

そこには 点数取れるか取れないか?

実務の世界に送り込めるか?

そうゆう 実力を測るための「際どい具体例」が並んでる。

だったら 実力を測らない具体例とは何か?

それを民法で見ていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「書面によらない贈与」

なんですかコレは?

書面によらない贈与は 当事者はいつでも撤回できる。

意味

1 当事者てかいてるから あげた人、もらった人、どっちからでも言える

2 あげるって話を書面に書いたら 売買契約と同じになって無条件撤回が効かないってこと

↑ こんなんを裏読みって呼ぶ。

具体例

あなたが 居酒屋にいきました。

知らない人と仲良くなった、

よくあるだろう、

あなたのことを気に入った相手が酒で気分がよくなって

身につけてたロレックスを あなたにあげるといってきた。

だが

あなたは こう考えるだろう、

・・・

おしまい

 

え?

続きが気になる? もっと聞きたい?

寺本の民法・行政法の解説も見たい?

と思ったら

今すぐ私の無料メール講座にメルアドを登録してくださいね)^o^(

→登録はこちらから

以上

寺本考志


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術