[行政書士入門] 民法コツ 相続 第1話



どうも 寺本です。

 

相続ってのは

人が死ぬことです。

 

・人が死んだ

・パソコンのスイッチを入れた

 

こうゆうのを事実行為とか 事実状態と呼ぶ。

 

あなたが今勉強してるのは 法律です。

法律行為ってのは 意思表示から始まる。

しゃべってはじめて 民法に書いてることを達成できる。

しゃべってないなら 何も起こらない、

これは覚えましょう。

 

 

で、

人が死んだ、

しゃべってない、

だけど、

残された家族のために 財産が流れるシステムを作ろう。

それが相続ですよ。

 

言ってることわかる?

あなたが何もしゃべってないのに、

あなたの財産が 誰かに移ることはない、

 

だが、

人が死んだら もうしゃべれない、

しゃべれないから

民法が 死んだ人の財産をどうするか?

あらかじめ ルールを決めてるってこと。

 

知らんかったら?

損するだけです(笑)

おしまい

寺本考志。


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術