「自分はもう、一生受からないんじゃないか・・」 行政書士落ちた人の心。 本試験日まで何すればいい?



女性店員A「いらっしゃいませ~、ご注文は?」

俺「コーヒーありありで」

女性店員A「はい、喜んで↑↑)^o^(」

 

はい、

寺本です。

さて、

死ぬほどがんばって、結果が出なかったらどうなるか?

 

「すべてのものからつけこまれてる!」って思い込むもんだ。

そんな毎日を送ってる人が、私の記事を見てるかもしれない。

 

ところで、

世の中には、 トレーナーとか、メンターとかいう人がいるのを知ってますかね?

要は、

精神面の改善、改造を仕事にしてるヒトたちだ。

昔はね、

自己啓発とか、こうゆう方面の話を、私はすべて信じなかった、

信じなかったどころか、非難する立場だった。

 

だけど、

30代超えて、思ったことがある、

それは、

自分の意思を貫くとか、

痛い目にあった場合の対処法とか、

 

実体験から、そうゆうことを自力で見つけ出し、

自分でケリをつけることができる人は、そんなに多くなかったってことに気づいた。

 

じゃ、

ひどい目にあった、

そこを誰かが言わなきゃ始まれない、気持ちが整理できない人もいるってことだ。

 

だから、私は、

一見、試験に関係なさそうな話を

こうやってネットの記事にしたり、

教材の中でも言ったり、目の前で教えるときも 必ず使う。

延々と何年も堂々とね。

 

わけもわからず、

ただ 試験に落ちて悔しいという理由だけで、

次回の試験日まで、勉強やったりやらんかったり・・

そうゆうこと繰り返しても、

もう、結果は見えてるじゃないか~

 

そもそも、

市販、本屋で売ってる本を読んでても、

これっぽっちもオモシロくないですよね?

 

そこらへんの「分かりきった事情」を目をつぶって、続行しても、

自分の思い通りにはならない。

 

この試験、1年に1回しかないけど、

知識や問題がどうこうって話は、後からいくらでも取り返せる。

 

その前に、モチベーション、腹決め、方向性を正さなきゃ、

ホンマのホンマに、また同じ悪い結果を見ることになる。

 

だから?

人です。

人に惚れるから新しいことに無心になれるんです。

 

あなたが何を目指してるにせよ、

「あんな人になりたい」

一人はいるでしょう、

しかし、

傍から見てるだけやからこそ、

目的に沿った行動が続かないんじゃないですか?

 

じゃ、

じかに触れれる人、じかに話せる人を見つけるのが先だ。

それが見つかったら、

いくらでも、失った時間を取り戻せる。

 

そうゆうことに 金と時間と労力を使ってください。

それが 「何回落ちても絶対に受かる方法」のきっかけ作り。

間違いありません。

 

以上

寺本考志

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術