行政書士試験2016 参考書と過去問をうまく結び付けるだけで合格する、他のこと考えるから落ちるだけ。



 

 

 

 

 

 

 

 

私の教材を基準にして 参考書と過去問をうまく結び付ける。

やるのは ほんとにこれだけ。

もう、これだけで 本試験で いっくらでも勝負できる状態作れる。

注意なのは

整理表も ポイント表も 模試も 予想問題も要らない、

使ってはいけないってこと。

と言っても

簡単に触らずにいることができないシロモノ。

なぜなら

「自分を助けてくれそうに見えてしまうから」

 

大事なことは


これら便利そうに見えるもんを


力のない者が使ってしまうと

「知ってるか、知ってないか」で、自分の実力測ってしまう、

 

毎日毎日 知ってない箇所に当たるだけで

落ち込む、自信失っていく、

だったら、

あなたが気持ちよく勉強を続けられるワケがないですよ。

 

この試験、

「手っ取り早く」見える!

そうゆうもんは ほとんど罠です。

昔の私が、みなさんの代わりに全部買って使って 内容を信じた、

その過程があって 断定してる。

「いらないって言ったらいらない」

「触らないって言ったら触らない」


自分を守るという意識を何がなんでも持つのです。

 

なお、私の直接指導講座で使う材料も、

参考書と過去問だけ。

寺本が作った特別レジュメ、次回本番で出る重要ポイントを渡してるわけでない。

なんで?

試験官が聞いてることが読める、

それができたら合格できる試験やから。

以上

寺本考志

 

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術