行政書士 試験範囲が多い、どこまでやれば合格に自信持てるのか分からん・・



参考書も過去問も分厚いですよね?

仮に参考書700P、過去問500Pとしましょうか。

どこまでやれば足りてるの?

どこから始めればいいの?

迷う、

今日も明日もあさっても いちいち迷う。

解決策は?

教材でも言うが、

みなさんは ページが変われば、テーマが変われば、

科目が変われば、問題が変われば


「書かれてることがいつも違う」と思ってるはず。

その見方が?

「見た目は違えど、同じことが書かれてる」と気づけるようになった時に

あなたの運命が変わるんです。

同じことが書かれてる部分がたくさんあると知ることができれば?

もはや 参考書と過去問たして1200Pの量なんか気にしなくなる。

なぜなら、

読まなきゃいけないという「受け身」から

自分から探す、自分から探せるという「主体的な勉強」になってるはずだから。

 

以上

寺本考志

 

 

 

 

 

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術