行政書士2015 試験に落ちた後の感想 「もうちょっと・・」



 

 

 

 

 

 

 

 

試験で落ちた人の終わった後の感想でよくあるのが


「もうちょっと勉強してたら良かった」

「もうちょっと早い時期から 勉強を始めてたらよかったわ」

これが 一番多い。

 

ということは?

試験前には

勉強のために使った時間は実際にあったわけです。

仮に一日たった2時間でもいいですよ。

「その2時間を4,5時間にしてれば良かった」

というわけでしょうか。

残念ながらそれは

現実の世界では 無理なことだと私は考えてます。

あなたを含み、皆それぞれ

生活があり、やりたいことがあり、

それに従い生きてるわけであり、

 

自分の中の優先順位が変わることはありえないと、

私の実践上の経験や 私が教えてきた方々のデータから言い切れるからです。

 

ということは結局、

その一日たった2~3時間で

試験で合格するための要素を身につけていくしかないのです。

 

 

私に直接教えてもらって合格した受験生は 厳しい環境の方ばかりです。

朝の8時前に出勤とか、

残業がない日はないとか、

土日が休みでも、土曜日は、仕事で疲れてるから寝る時間が多くなるとか、

そうゆう厳しい環境、生活を送ってる人だからこそ、

私が言ってることを信じれば 合格できると思ってくれるのです。

私は、受験生にとって、聞こえのいい言葉を使わない、

業者がやってるような、当たり障りのない、ヌルイことは言わないからだ。

 

ネットにはびこる「楽で早く」という、うたい文句、

便利ツールの数々、

それが 本人のためになることはありえないと私が信じてるから。

 

もし、あなたが私に同意してくれるんだったら、

「今は 2015年11月だから、来年なってから考えよう」

「来年の7月になるまで、他のことをして、見てみぬフリを続けよう」

敗者の発想を捨てることです。

 

あなたは合格するための勉強の中身、時間の使い方、自分を勉強へ突き動かす手段を分かってますか?

 

分かってない、聞いたこともない・・

金出して教えてもらおうなんて 考えたことがない・・

だったら?

自分ひとりで考えたことだけがすべてになる、

修正する手段を持てないまま本番突入になる、

それで本試験に落ちたときが 一番辛いはずだ。

 

合格できるのは、

自分を律することができた時ですよ。

自分は何も変わらないまま、他人の「ええとこ取りだけ」のお勉強、

それじゃ、結果は見えてるのだ。

もし、

私の話に思い当たるフシがある、同意できるなら、

下記のリンクから

私が作った教材と、直接指導講座の募集、

それらのページを読んで

来年合格するための手段、自分を律するための手段を 本気で検討してください。

しつこいですが、

「今が本試験の1年前やから、まだ勉強しなくていい」と考えれば、

また来年も負けます。

それが分かった人だけでいいから、

私の話の続きを下から読んでください。

 

以上

寺本考志

 

 

 

 

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術