「この試験、俺に受からせる気がホンマにあるのか?」

思った思った(笑)

私も完全ドシロウト時代には 試験が終わった直後に思ったもんだ。

 

今の私は、金もらって講座やって、先生と呼ばれたり、

教材買ってくれた人が、全国にたくさんいる立場だが、

ハッキリ言って、

今の私と昔の私に、ほとんど違いはない。

 

サッポロ一番味噌ラーメンは食べるし、

知り合いから お米をもらったら、早く食べなきゃ腐るから

夜は 外で食べるのをやめて

家でばっかりメシを食うようになるし・・

あーーーーーーー

分かってる!

 

今、行政書士試験の話をしてるんですよね?(笑)

話を戻す。

今日いえることは2点や。

 

1点目

読んで読んで、覚えて覚えて たしてたして、

テキスト、問題集、予備校模試、重要ポイントの小冊子等、有名な教材を腐るほど買って買って、

教材を10冊20冊部屋に貯めて貯めて・・

 

そうゆうことはやめたのだ。

なんで?

インテリが書いた本を熟読しても、

自分には一切通用してないことに、

何年も経ったあとに気づいたから。

 

簡単に言ったら?

インテリが書いた本を読めば読むほど

混乱していく自分に気づいたのだ。

 

そりゃ、やめれるでしょう。(笑)

 

混乱してる自分に気づかない限り、

悪くなってく自分を止めることはできない。

まずは、

悪くなってく自分を止めてあげなければ、

新しい試みなんて 絶対に踏み出せない。

新しい試みに踏み出せないから、

「試験に落ちる運命」を変えられない。

それがほとんどの受験生の実態です。

 

2点目

やる気・・集中力・・計画通りにやりたい・・

そんなもん、全部デタラメや。

「やる気・・集中力・・計画通りにできる自分がほしい!」

だけど、

どんだけ、自分の頭で考えても、整理がつかない、手に入らないんですよね?

それは、

「ないもの」を「ある」って思ってるからだ。

 

ならばどうするか?

簡単や。

自分が 試験勉強以外のことを諦めさせてくれる人間に出会うことだ。

その気にさせてくれる奴に出会うだけ。

それだけで、

小学生でも知ってる

「やる気・・集中力・・計画通り」

全部 不必要なもんだったってことが必ず気づくだろう。

 

たとえば、

ネットを見てたら、

行政書士になってもメシが食われんとか誰かが書いてたり、

知り合いに、行政書士試験の勉強してるってゆったら、

「合格しても、その後たいへんらしいな~」

「なんで勉強なんかしてるの? 資格なくても生きていけるって、

何を目指してるの? 何がしたいん?」

非難されたり、諭されたり、気分を害したり・・

 

もし仮に、そうゆうタイミングで

「そうやな~ 勉強なんかしてもな~」と、

あなたが1%でも思うならば、

次回本試験を受けても、落ちるどころか、

一生、現実を変えることはできないだろう。

 

そうゆうことが、普段の生活で起こっても、

1%もブレないようにするには?

自分が 試験勉強以外のことを諦めさせてくれる人間に出会うことだ。

その気にさせてくれる奴に出会うだけ。

 

あ~そうそう、

話に夢中になって言うの忘れてました!

行政書士の本試験問題の謎を解く合格分析データは 私の教材のことだ。

そして、

もっと詳しく知りたい、身につけたいと思ったときは、

私の直接指導講座に申し込めばいい。

 

今日は以上

寺本考志