行政書士試験 一人で勉強しただけでは確実に落ちる理由がある。 必死でやったのに足切り食らった俺はこれからどうすれば・・



 

 

 

 

私は、資格試験の仕組みを知り尽くしてる

それは、資格試験の名前が変わろうが、

私が分析すれば、

 

・本当の合格基準

・なにをどこまでやれば、ギリギリで合格させてくれるか?

・試験官がなにを考えてるか? 受験生になにを要求してるか?

 

短期即決で割り出せる。

私が、行政書士試験で、その仕組み取りがすでにできてるから、講座もやってるし、教材も売ってるのだ。

 

特に注目すべきは、

 

・試験官がなにを考えてるか? 受験生になにを要求してるか?

 

私が持つデータの中で最も重要なのがここ。

逆に言えば、ココ以外、いつでもどうにでもできると思ってる。

 

はい、

じゃ、試験官が一番嫌いな受験生、絶対合格させたくないと思ってる人はどんな人か?

 

それは、

人の話を聞かない人間です。

 

人の話を聞いてるかどうかを、本試験用紙で 思い切り判断できる、

そこを判断できる基準が、思い切り、問題用紙に反映されてるのだ。

 

本試験で落ちたあなたは

「自分は人の話を聞いてないわけじゃない!」

もしかしたら そう思ってるでしょう。

しかし、

本試験会場で実際に受けた問題用紙を私が見れば、一目瞭然。

 

試験で落ちた人が、次回の試験前に

「こうなってたら正解だよ!」って最終形があるとすれば?

 

「自分は人の話を聞いてないわけじゃないと思ってたが、

自分は 全然人の話を聞けない人間だったんだな~」

自分が 本当にそう言えて、自覚できてることだ。

 

ここの謎を解きさえすれば 誰でも受かる。

逆に言ったら、

ここを軽視、無視、合格に関係ないと思ってる人間、

そこの間違いが正せない人間は 一生受からない。

これが、落ちた受験生の実態です。

 

ならば、

人の話を聞いてるつもり・・

問題用紙をちゃんと読んでるつもり・・

なぜ、それが直らないか?

 

簡単や。

本試験問題用紙に書いてる文章は、あなたが知ってる日本語じゃないから。

「何が、自分が知ってる日本語で、何が自分が知ってる日本語じゃないのか?」

そこを他人から教えてもらわずに、

本屋や予備校の本だけで 

一人だけで試験日までがんばるから、

また落ちるのだ。

(これが落ちた受験生のほとんどの人が持ってる、治らない癖

 

 

 

続きが聞きたい、

寺本先生の教えを受け入れて、次回の一回で合格を仕留めたい、

そう思った人は

私の教材を買って、

私の直接指導講座に申し込めばいい。

 

以上

寺本考志

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術