行政書士試験2019 勉強してすぐに受かる人と何回受けても落ちる人の違いとは?  たぶん第1話(笑)



受かる人、受からない人の違いを

全部取り上げてもしょうがないから 今日は一個だけ。

 

あなたは勉強してて、

分からん部分、難しい部分に出くわしたとき、

「誰かに質問したい、答えが知りたい、納得したい」

「割愛して パッと終わりじゃなく もう少し 自分に優しく説得してくれないかな~」

そう思うだろう。

 

要は

一方的に 「見る、読む、聞く」

という受け身ではなく

足らない部分、意味不明な部分がでてきたときに いちいちストレスになるってことだ。

 

ここをもう少し見てみよう。

 

たとえば、

私が直接教える場合、

かつ、今日初めての受験生の場合、

先に3時間くらい私がしゃべる、

で、

私が、

「聞きたいこと持ってきたでしょ? 答えるわ」

といえば

すぐに受かる人はなんと言うか?

「もう大丈夫です、聞きたいこと全部聞けたんで」

腹が据わって言えるのだ。

 

どうゆう意味か分かりますか?

「自分が今の今まで気にしてたことは合格することに関係ない」

って一回の説明で分かったからです。

 

・絶対自分が一人で考えてやらなきゃいけない部分、

・試験範囲に関係ない部分、

 

それを分けてもらわなきゃ 前に進めないってこと。

その過程を踏まなきゃ 疑問、意味不明なもんが消えていかないってこと。

 

 

何がいいたいかって?

 

今、自分がやってることが試験範囲なのか、試験範囲外なのか?

今自分が考えてることは合格に必要なことなのか? 不要なことなのか?

 

すでにダメな状態の人が

そこの善悪を誰にも教えてもらってないのに、

勉強続くわけがない、

合格できるワケがないってことですよ~(笑)

 

結論は?

 

すぐに受かる人、受からない人の一番大きな特徴は、

「必要な情報といらねえ情報を誰に分けてもらったのか?」

そこの師匠の違いだけです。

 

 

やることは簡単、

あなたの師匠探しに必死になること。

ある程度試してみて、合わなかったら、次々探したらいい。

それだけです。

 

今日は以上

え?

続きが気になる?

もっと寺本の民法・行政法の解説が見たい?

と思ったら

今すぐ私の無料メール講座にメルアドを登録してくださいね)^o^(

→登録はこちらから

以上

寺本考志

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術