行政書士試験は 勉強すれば誰でも受かるのか・・不安



「誰でも受かる受かる」といわれても、

たいがいの受験生はそんな風に見えてない。

実際はそうじゃないように思ってる、

難しくないといわれても、信じれない。

それはなぜか?


嫌なもんをムリヤリ覚える勉強をしてるから

じゃ、なんでそんなやり方、してしまうのか?

問題解くとき、

ウンと考えて思い出して 答えが出る、答えが合う、

みんな、そう思ってるから。

そう思ってる限り、

受かるまで 何年もかかる。

正確に言ったら 受かるかどうかも怪しい。

私、

みんなが知ってる、オイシそうな法律の難しい知識、

ひとつも知らない、知りたくもない。

むしろ、

法律の知識を知ってる数で言ったら、

私より 試験でハネられた人の方が、はるかに上。

だけど、


私、この試験に100回受けて100回受かる自信がある。

じゃ、

みなさんが聞きたいのは


ほとんど、知識持ってないって言ってるのに

どうやって本番の問題に答えてるんですか?って話ですよね?

過程ですよ

 


いつどんな時でも

誰がなんていおうが

小さな知識をモノにするための正しい過程を守ってきた、

私には その自信があるから。

 

自分の能力恨むのも、他人をうらやむのもやめて、

過程だけを信じて、守ったから。

ところが、

たいがいの人は


過程なんか、どうでもいいという態度、

正しい答えがほしいほしい、

結論に目が惹かれて 自分を見失って 自滅する。

「この試験、誰でも受かれる」

そうなれないのは

得しそうなもん、有名なモン、光り輝いて見えるもんばっかり集めた、

そこで自滅したから。

「難しいから 受からない?」

「がむしゃらにやったらできる?」

これ、営業トークですよね?

ここに乗っかったら、

自分の能力、疑い続けるだけ。

同じこと繰り返して、同じ悪い結果を出してる・・


もうそろそろ こうゆうこと やめにしましょうよ~

今は 平成26年です。

新しい知識を、自分の中に放り込んで放り込んで・・

そんなやり方、

どこの業界でも とっくに行き詰まりを見せてる。


たす、たす、たしまくる、ではなく、

誰でも知ってる小さな知識を

試験本番になったら

色んな問題に使えるようになる、自分がいろんなこと思いつけるようになる、

その「過程」を持ちましょうよ~

 


私の教材は ノウハウ(技術・やり方)です。

「次回本番で出るかもしれない 新しい法律の知識をどうぞ」

ってゆう

ありがた迷惑な商品じゃなく、

「今、あなたが持ってる少ない知識を活かして 本番の点数に変えましょうよ」

ってゆう商品。

難行苦行のタネを 一個増やすために私の教材を使うんでなく、

知識への見る目、試験合格への考えを変えるために使うのです。

 
以上

寺本
 

 

 

 

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

→ 講座参加したら どんなやりとりするのか? 模様を画像はこちらから

ーーー
【教材】


裏の取れた合格設計書 ~初心者でも合格できた具体的な勉強のやり方を教えた手順書~


民法行政法の問題の解き方のパターンを覚えてマルバツの正誤判断が正確になる方法


民法記述問題で高得点が取れた裏技術