行政書士試験2015感想、「難しかったから落ちた」 毎年毎年、俺は何回同じこと言えば気が済むのか?



行政書士試験の難易度、

年々難しくなってる・・

難化傾向にあり・・

 

また、具体的な感想としては、

難しすぎて また足切りで落ちた・・

記述が なにを言ってるか分からず、難しかった・・

 

具体的な市販教材の影響としては

新しく出た本のページ数が 去年より ぶ厚くなってたり・・

 

 

はい、

そうゆう現象は、毎年毎年あいもかわらず

耳が腐るくらい聞いてきましたよね?

目が腐るくらい見てきましたよね?

 

「もう、他人の当たり前分析、言い訳には俺は飽きた、いいかげんにしたい」

そう言ってくださいよ。

 

 

 

私のドシロウト時代の実体験や 私が見てきた受験生の共通点は何か?

 

「本試験が終わった後に」

自分がやってきた、いい加減な勉強が 試験官には通用しない事実にやっと気づくこと

 

いつもいつも出遅れてる・・

どうしても 新しい変化についていけない、情報が先読みできない・・

その原因は、一人で勉強してるから。

それ以外、理由はない。

 

お金と 一年って時間はどっちが大事ですか?

考えるまでもない。

他の受験生より、一歩先、二歩先にいきたくないですか?

行きたい人だけ

私の教材を買って、私の講座を受ければいい。

 

以上

寺本考志