行政書士本試験2018 寺本の評価・感想! 落ちた君へ速報!



「難しかった」

「なすがままに時間がなくなっただけやった」

「あれだけ勉強したのに 実力発揮できなかった」

「もうムリ」

「諦める」

 

受験した感想はそんなとこですか?

だったら こうゆうのはどうだい?

 

今から4,5年経ちました。

あなたが 地元のツレ、会社の同僚と居酒屋に行きました。

ふと

彼らのうちの誰かが あなたに向かってこうゆうんですよ。

「あんた 昔 行政書士に合格するってゆうてなかった?」

ってね。

言われたあなたは こうゆうのかい?

「行政書士? 俺には向いてなかったよ 夢物語だったよ」

ってね。

 

私は嫌だね。

「実際にそうゆう日が来るかどうか?」

そんなことはどうでもいい。

そうゆう日がくることをたった今 想像してしまう自分自身が嫌なのだ。

 

ーーーーー

「最後に あなたに聞きたい」

 

行政書士の本や 試験問題を触ってて

ホンマに

「自分にはムリだ」て思いますか?

 

嫡出子を 「てきしゅつし」

法令遵守を 「ほうれいそんしゅ」

て 誤読するレベルやった 高卒の私が合格できたんですよ。

 

あなたに 私と同じことができない理由、根拠が本当にあるのだろうか?

単に 嫌な思い出に対する印象が強すぎるだけじゃないだろうか?

それをとっぱらうためなら なんでもやるとは思えないだろうか?

中途半端にフラフラしてる自分を終わりにしたいと思わないか?

 

そうゆうことですよ

気持ちが固まったら

私にメールしてください、

この世に奇跡が存在してるということを教えますよ。

 

おしまい

寺本考志

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講座申し込み、または 聞きたいことがあったら

下記からなんでも質問してくださいね!

自己紹介してくれな、始まらないですよ~

思ってることを隠して生きていくより

告白することから始まるんです。

「迷ってるならやりたい証拠」

あなたのメッセージを待ってます。