【行政書士】本番点数取れない理由#1 「長文問題が苦手で読めないから」



どうも 寺本です。

[行政書士試験の長文問題について]

2015年くらいから

読解力を問うてくることが多くなった。

行政書士試験に限らず

宅建でも 看護師試験でも 公立高校受験でも同じだ。

「読解力を問いたい」

最適なのが 長文問題

なんで?

読まなきゃ絶対 答えが合わないからだ。

何が言いたい?

現代人は専門的な本や文章をかみくだくスキルが低下してることを試験官が知ってるってこと。

 

要は

「その場その時にしかできないことをやらせたい」

これが点数

言い換えたら 実践力

私が10年前に作ったコトバで言えば 現場能力だ。

 

長文問題で 点数取れるコツ?

長文読むのが苦手

新種の文章読むのが苦手

これはきっと

長文を書いたことがないんだろう

それに

頭の中で 5分以上連想したことがないんだろう

1つの知識につき 長文書く訓練をしてきた

1つの知識につき 5分くらい連想する訓練をしてきた

だったら、試験会場という現場で

長文でも新種のネタでも短くまとめる力がつく

話は変わるけど

私がスマホ通信講座で受験生を養成してるのは

今言った「受験生が一人の時間でできること」の部分だよ。

あなたは仕事があるから 勉強時間は一日2,3時間しかないよね?

独立した2,3時間じゃなく

仕事中や移動中も 試験勉強してるのと同じやり方があるんだよ。

それが私が教えてること。

 

 

ほら

あなたも私に教えてもらいたくなってきたやろ?(笑)

だが残念だ。

詳しい話は私のメルマガでしかやってない。

まずは 私のメルマガに登録してください。

下記のリンクをクリックしてください。

 

おしまい

寺本考志