タグ別アーカイブ: 行政書士 一発合格者の声

行政書士試験2016. 「覚えた忘れた」じゃなく、馴染むことがすべて

テキストの法律用語が読めない 難しい

初学者受験生に共通する悩みは? なんといっても、 本に書いてる言葉使いが難しいってことだ。 過去問や本試験問題で言えば とにかく読みづらい。 もちろん、私が完全ド素人だった時も読めなかった。 大事なことは 自分は読めてないという部分に気づけてるかどうか? これは何を言ってるのかというと、 普段の勉強、現場レベルに言い換えたらこうだ。 「書いてることが難しいな〜 でも読まなきゃ点数取れないし・・」   結果、意味が分かってなくても、 活字を丸覚えする作業を単に繰り返すだけになってしまうということだ。 だから、 どれだけ多くの知識を頭に突っ込んで試験会場に行っても ハネられてしまうのだ。 もう一度いうが 自分は読めてないという部分に気づけてるかどうか? そこに自覚はあるのか? そこに従えることが最短合格への第一歩なのだ。 それは、参考書や過去問、模試に書いてることが 崇高なもの、自分より上にあるもんと思ってしまってはいけないということだ。 崇高なもの、自分より上だと認識してしまえば 意地になって何度も読み返してしまう癖ができる、 こうなると、 嫌々覚えようとすることが 間違えてる勉強だと自分ひとりでは気づけないのだ。   ならばどうするか? 結局、資格試験の勉強というものは コトバの置き換え、配置換えなのだ。 その置き換えた新しい表現が 試験範囲の中にあるものがほとんどなのだ。 「そこが」一体どうゆうことなのか? 分かった時が 勉強が楽しくなるんです。 私が、みなさんの知らない知識を誰よりもたくさん固めてるから 難しい文章が読めてるワケではないのだ。 コトバの置き換え、配置換えという作業は難しくない、 しょせん、工夫、アイデア、コトバ遊びなのだ。 私は 長年ここだけを磨いてきた。 ここだけに着目して受験生に教えてきた、 そこだけを重視して私が解説してるからこそ、 初学者受験生の方でも 本試験に合格してるんだと私は思ってる。   何が言いたいのかというと、 コトバの置き換え、配置換えをやるからこそ、 試験範囲を狭くできるし、 全ページをいっしょくたんに熟読する必要がなくなるということだ。 つまり、時間短縮のためのやり方でなく、 私のやり方を使えば 勝手に合格までの時間短縮になってるのだ。 以上 寺本考志        続きを読む

行政書士2016 はじめて受験、初学者の人は必ず読め! (誰もが受かる合格のコツ、秘訣)

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                「やり方とか、そんなもん 必要なんかな~」 「なんか おおげさだな~」 こう思うんですね、 一回も試験 受けたことがなければ。 初学者の場合で、 私がここで しゃべってる相手は、 「つまんねぇ仕事から脱出したい」 「平々凡々なる生活から脱出したい」 その思いから 資格の勉強始めよって決意した人たちです。 失敗コイて、そこではじめて 大事なことが身につく場合もある、 だが、 その一回の失敗で 立ち直れない人もいますよ。 だから? 準備ですよ。 できる限りのこと、全部やっときましょって。 試験前に 試せること、 そこをできるだけ多く試してから 本番迎えましょって。 はじめての人、初学者の人がやってる勉強の中身は、もう決まってる。 分厚い教材、目に映ってるだけで、ストレスなはず。 「やらなやらな」 書かれてる活字を ムリクリ飲み込んだって、 試験結果なんか 目に見えてる。 やってる本人だって、気づいてるはず、 「こんなことやってても 奇跡なんかないわ」ってことを。 だったら、いくらでも新しい行動に出れますよ。 気付いた自分に、見て見ぬフリを貫くから、 新しい行動に出ないだけ。   誰でもやってる、 負けの元をわざわざ作るような 「お決まりの作業」じゃなく、 試験で 自分が正しく反応できるような準備をしましょって話だ。           続きを読む

行政書士試験は 勉強すれば誰でも受かるのか・・不安

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

「誰でも受かる受かる」といわれても、 たいがいの受験生はそんな風に見えてない。 実際はそうじゃないように思ってる、 難しくないといわれても、信じれない。 それはなぜか? 嫌なもんをムリヤリ覚える勉強をしてるから。 じゃ、なんでそんなやり方、してしまうのか? 問題解くとき、 ウンと考えて思い出して 答えが出る、答えが合う、 みんな、そう思ってるから。 そう思ってる限り、 受かるまで 何年もかかる。 正確に言ったら 受かるかどうかも怪しい。 私、 みんなが知ってる、オイシそうな法律の難しい知識、 ひとつも知らない、知りたくもない。 むしろ、 法律の知識を知ってる数で言ったら、 私より 試験でハネられた人の方が、はるかに上。 だけど、 私、この試験に100回受けて100回受かる自信がある。 じゃ、 みなさんが聞きたいのは ほとんど、知識持ってないって言ってるのに どうやって本番の問題に答えてるんですか?って話ですよね? 過程ですよ   いつどんな時でも 誰がなんていおうが 小さな知識をモノにするための正しい過程を守ってきた、 私には その自信があるから。   自分の能力恨むのも、他人をうらやむのもやめて、 過程だけを信じて、守ったから。 ところが、 たいがいの人は 過程なんか、どうでもいいという態度、 正しい答えがほしいほしい、 結論に目が惹かれて 自分を見失って 自滅する。 「この試験、誰でも受かれる」 そうなれないのは 得しそうなもん、有名なモン、光り輝いて見えるもんばっかり集めた、 そこで自滅したから。 「難しいから 受からない?」 「がむしゃらにやったらできる?」 これ、営業トークですよね? ここに乗っかったら、 自分の能力、疑い続けるだけ。 同じこと繰り返して、同じ悪い結果を出してる・・ もうそろそろ こうゆうこと やめにしましょうよ~ 今は 平成26年です。 新しい知識を、自分の中に放り込んで放り込んで・・ そんなやり方、 どこの業界でも とっくに行き詰まりを見せてる。 たす、たす、たしまくる、ではなく、 誰でも知ってる小さな知識を 試験本番になったら 色んな問題に使えるようになる、自分がいろんなこと思いつけるようになる、 その「過程」を持ちましょうよ~   私の教材は ノウハウ(技術・やり方)です。 「次回本番で出るかもしれない 新しい法律の知識をどうぞ」 ってゆう ありがた迷惑な商品じゃなく、 「今、あなたが持ってる少ない知識を活かして 本番の点数に変えましょうよ」 ってゆう商品。 難行苦行のタネを 一個増やすために私の教材を使うんでなく、 知識への見る目、試験合格への考えを変えるために使うのです。   以上 寺本           続きを読む

行政書士試験 「予備校、通信講座、塾」 誰から教えてもらえば一発合格するか? (本音)

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

              「あいつ、法律なんか勉強してんの?」 「そんなん、金稼ぐことに関係ない、回りくどいわ」 「あんた、いつまで そんなことゆうてるの?」 この受験生活やってると 誰かが口にせずとも 上のような無言の声が どっかから飛んでくるもんです。 すると、 勉強してる間、立ち止まってる気分になってる。 現に勉強してない周りの人には理解されることが ほぼありえない悲しい世界、 それが この受験生活ですよ。 大事なことは 他人の目線なんか、どうでもいい。 受験生活やってる自分が良く思われたいってイメージもいらない。 自分が 本当にそう思ってるかどうかだけ。 どうやったら そんなこと思えるか? 「何を知ればいいのか?」 考えるんではなく、 「誰を知るか?」ですよ。 賭けてもいい。 信用できる人間を知るだけで 自分の感情も動きも 全然違う世界になる。 「誰を知るか?」「誰から学ぶか?」 その選択だけで決まるんです。 以上 寺本考志   続きを読む

行政書士試験 対策講座 「本番予測」の勉強方法

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

・私が勝手に作った言葉で 「現場能力」や「本番予測」というものがある。 どんな意味かというと、 訓練中(普段の勉強中)にやったことがないことを、 本番中には 自分は絶対できない。 逆に 訓練中に自分がやったことは 本番中にそのすべてが前に出る。 その自分のやってきた「ダメな方」すべてが 前に出てしまう。   よく聞く話に言い換えれば、 「本番で 自分の実力が 100%しっかり出せなかった・・」 ってやつ。 そこには 偶然ではなく、 自分の力が押さえ込まれた原因が確実にある。 その普段と本番の差を埋めることが「現場能力」や「本番予測」。   以上 寺本考志    続きを読む

行政書士試験2016 「100回受けて100回受かる自信」 がある男が直接1対1で教える講座

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                私は行政書士試験に対し 「100回受けて100回受かる自信」 がある。 「点数取れる仕組み」 を持ってる。   受験生10人中8人がやってる「間違えた勉強」とは? 参考書を意味がわかってなくても 最後まで読み倒す。 そして、 過去問や模試やって、 具体例みて、その解説読んで、使う知識を覚える、ってゆう勉強。   これで 点数が取れなくなる『 負けパターン 』に突入する。 なぜなら 新しい、知らん問題、具体例出されたらもう 手も足も出ないから。 あなたは、試験本番でそんな経験をしたことがあるはずだ。   「難しい、前より難しくなった」ってゆう勘違いに乗っかると? 「試験範囲を全部覚えなきゃ合格できない」 と思いこみが生まれるのは当たり前。 だが、 私が教えてる合格準備は、そうではない。 新しい試験問題や、新しい具体例なんか私は問題にしてない。 どうでもいい。 本番で 何が出てきたって、自信持って答えられる合格準備、 それが本当にある。 業界寺本考志語録 「知らないから答えられない 」 なんか ありえない。 この言葉をかみしめてほしい。   以上 寺本考志      続きを読む

行政書士合格の近道は 点数に結びつく本当の悩みを解決することだ

勉強方法・やり方を変えたい

私には ともに資格の試験勉強できる友達もいないどころか、 過去にやってきた仕事においても、 しっかりやり方を教え、育ててくれる上司や先輩などもいなかった。 そして今は 法律の資格試験の合格指導をしてるから 出会いも そこそこあるが、 私には 新しい出会いというものの数自体が 本当に少なかった。 しかも 出会いがあったとしても、 自分が認められない相手とは 自分自ら 相手に合わす工夫をして仲良くなろうなんてことも考えたこともなかった。 そんなひねくれた過去の自分であったからこそ、 苦労や悩みを 大きく増やし続け、 いっつもいっつも 自分ひとりで苦しんで 解決させるのも自分ひとりしかいなかった。 それはひとえに 人の話を素直に受け入れたり、人に譲る心が持てなかったからです。 バカな道を選んだと 大きく後悔してます。 これを読んでくださってる方の顔も中身も ハッキリいって想像できません。 もしかしたら 勉強しても勉強しても 合格できなくて 本当に悩み苦しんでる方かもしれない。 もし、そんな状況であるなら聞いてほしい。 「やってもダメだから もう勉強やめる、向いてない」 と、思い立つ前に もう一度だけ なぜ 自分は 資格がほしいのかを考えてほしい。 自分の過去だけを掘り起こし、 ハッキリした自分の悩みや意見をあぶり出してほしい。 もしかしたら あなたが悩んでることを解決しなくとも、 他の新しい方法を使えば、 資格試験に合格できるかもしれない。 「これは正しい悩みか 間違った、いらない悩みなのか?」 それを判定できるのは 今のあなたではなく、経験者しかいないからだ。  私が作った教材でぜひとも、合格を手にいれてほしい! 詳しくは下記リンクから必ず見てくれ! 以上 寺本考志   続きを読む

行政書士2016 合格者の本番問題用紙を見て、解答方法を知りたいあなたへ!!! 

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                平成24年度の私の受験当時の問題用紙を使い、 知識の解説よりも、仕組みを重視した教材を作った。 もちろん 私が問題用紙に記入したすべても画像で提供しております。 試験合格に本当に必要な参考例を 先に見る! 画像と文章だけで構成されてる教材だが、 「なぜ失敗したのか?」 「なぜ知らないのに答えが合うのか?」 「よく出る? よく誤解する? だからなんですかい? どうすりゃいいんですか?」 「試験官の問題作成パターンや意図」等を、 正確に意識できるよう 提供してあります。    詳しくは下記リンクから必ず見てくれ! 以上 寺本考志   続きを読む