タグ別アーカイブ: 行政書士 2016 問題集

行政書士2016 難しいテキストや問題解説を一人で必死に読んでるだけじゃ、合格できないと気づいた俺は• •

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

  合格できない人ってのは、 いつまで経っても、量だと思ってる。 ・勉強量、 ・難しい知識を覚えた量、 ・新しい問題を解いてきた量、   悲しいことは そうゆう準備を重ね、本試験で落ちた・・ にも関わらず、 次回本試験に向けて、ますます量を追いかけて、試験官に対抗しようと考えることだ。   あなたに聞きますが、 参考書、テキストに書いてる、受験生には当たり前の知識や文章の意味が ハッキリ分かってなくても合格できると思いますか?   できない。 と、口では言ってるくせに、 本試験前に触ってる教材や内容は、 ゲロをはきそうになるくらい難しい本を量産式に読んでるはずだ。   何がいいたいか?   合格できない人は、こりないのだ。 だから 失敗に終わったはずの作戦、単調に量産式に走ることを捨てないのだ。 軸になってるそこを変えずに、 業者が毎年新しく出してる本のポイントだけを取り入れても 時間の無駄であることに 気づかないのだ。   寺本考志語録 自分の主観や価値観は変えずに、 「他人のええとこ取り」するだけの受験生に 次回の合格はない。   「自分は勉強が好きだからやってるのか?」 それとも 「自分は合格して自分の人生変えたいから勉強してるのか?」   簡単な質問なはずです。 もし目が覚めたなら、 私の教材を買って、私の講座を受けることを真剣に考えるべきだ。   以上 寺本考志    続きを読む

行政書士試験 一人で勉強しただけでは確実に落ちる理由がある。 必死でやったのに足切り食らった俺はこれからどうすれば・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

        私は、資格試験の仕組みを知り尽くしてる それは、資格試験の名前が変わろうが、 私が分析すれば、   ・本当の合格基準 ・なにをどこまでやれば、ギリギリで合格させてくれるか? ・試験官がなにを考えてるか? 受験生になにを要求してるか?   短期即決で割り出せる。 私が、行政書士試験で、その仕組み取りがすでにできてるから、講座もやってるし、教材も売ってるのだ。   特に注目すべきは、   ・試験官がなにを考えてるか? 受験生になにを要求してるか?   私が持つデータの中で最も重要なのがここ。 逆に言えば、ココ以外、いつでもどうにでもできると思ってる。   はい、 じゃ、試験官が一番嫌いな受験生、絶対合格させたくないと思ってる人はどんな人か?   それは、 人の話を聞かない人間です。   人の話を聞いてるかどうかを、本試験用紙で 思い切り判断できる、 そこを判断できる基準が、思い切り、問題用紙に反映されてるのだ。   本試験で落ちたあなたは 「自分は人の話を聞いてないわけじゃない!」 もしかしたら そう思ってるでしょう。 しかし、 本試験会場で実際に受けた問題用紙を私が見れば、一目瞭然。   試験で落ちた人が、次回の試験前に 「こうなってたら正解だよ!」って最終形があるとすれば?   「自分は人の話を聞いてないわけじゃないと思ってたが、 自分は 全然人の話を聞けない人間だったんだな~」 自分が 本当にそう言えて、自覚できてることだ。   ここの謎を解きさえすれば 誰でも受かる。 逆に言ったら、 ここを軽視、無視、合格に関係ないと思ってる人間、 そこの間違いが正せない人間は 一生受からない。 これが、落ちた受験生の実態です。   ならば、 人の話を聞いてるつもり・・ 問題用紙をちゃんと読んでるつもり・・ なぜ、それが直らないか?   簡単や。 本試験問題用紙に書いてる文章は、あなたが知ってる日本語じゃないから。 「何が、自分が知ってる日本語で、何が自分が知ってる日本語じゃないのか?」 そこを他人から教えてもらわずに、 本屋や予備校の本だけで  一人だけで試験日までがんばるから、 また落ちるのだ。 (これが落ちた受験生のほとんどの人が持ってる、治らない癖)       続きが聞きたい、 寺本先生の教えを受け入れて、次回の一回で合格を仕留めたい、 そう思った人は 私の教材を買って、 私の直接指導講座に申し込めばいい。   以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験2016 俺は合格者と比べて勉強する時間が足りんかったから落ちたんか? 次の手段は仕事を変えたり辞めたりするしか・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

  いや、 そう思ってる人のために、私がおるんですよね?(笑) 時間短縮 それは、 タイムマシンに乗って昔に戻るとか、物理的に勉強時間がたくさん取れるような生活に変えることではない。 やり方ひとつで、 3時間かかるもんを1時間で終わらせたり、 一か月かかるもんを1週間で捉えたり、 自分の能力を変えることができるのだ。   大事なことは 時間が足りないと考えてる人は、 試験前にしかがんばらない。 試験の1年前とか、半年前にはがんばらない、 予備校や通信講座、 新しい教材、新しい講師・・・ 思い切ったことがいつでもできる環境にいるのに、やらない。 それが、受験生の7割が持つ悪い習慣だ。   ・思い切ったを始める、 すると、やり方を持てる、 だからこそ、 時間が少なくても、中身がある、密度がある勉強ができるのだ。 ここに時間がかけられないのに、 勉強時間が足りないとボヤいてる時点で、 次回の本試験日まで ずーーと苦しみが続くだけ。   自分が変わらなきゃ、苦しみはつきまとう、 嫌なものから、目をそむけても、いつまでも追いかけられる。   この言葉をかみしめろ。   以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験2016 落ちた不合格 勉強方法を変えて俺は再挑戦したい 来年の試験までに何をすればいいのか

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

まあ、 要は、 本試験問題の難しさと、それまであなたがやってきた勉強がかみ合ってなかった、大幅にズレてた、 だから、 修正したい、勉強方法を確立したい、スタイルを身につけたい、アテがほしい   そうゆう状況なはずだ。   まあ、正直、ネットで、 行政書士試験で合格するための情報が くさるほど蔓延してるが、 間違いないと言えることはひとつや。 楽で早く、インスタントに片付けようとするヌルイ勉強・・ それに手を出した、やってる時点で 来年もまた落ちる、 一生、現実は変わらないってことだ。     あなたは 合格課題をわかってるか?   民法をとるために、行政法をとるために・・ そんなこと、後からどうにでも変えれる、 課題はそうゆう当たり前のことではない。   今のあなたが考えるべき課題   ・自分はそもそも勉強やるのか? 仕事とメシと寝る以外、どれだけ勉強するのか?   ・自分ひとりの考えで勉強したら、合格は0%、本当に自覚はあるのか? あるんだったら、 予備校や寺本先生に金払って教えてもらうための行動に出てるのか?   ・教材が多い、買いすぎた、だから自分がついていけなくなった、 だから当たり前のように本試験で落ちたことを反省してるのか? あるんだったら、業者から買った教材を明日の朝一、ビリビリに破ってゴミ捨て場に捨てれること。       ・他の受験生がどうであれ、自分ひとりが合格できる方法を知りたい、作りたい、 そこにかかる金がいくらかかってもいい、 本気で思ってるのか?   「覚える、新しい問題やる、クソ解説を全部読む、重要ポイントを何度も見た」 「かかる費用を安く済ませたい」 「現場で教えてもらうより、家で一人で好きな時にお勉強・・」   そんなもん誰でもできる。 試験で落ちた受験生5万人、全員がやってる、 新しい行動に出れず、それしかできねえから落ちるのだ。   それじゃダメだってことを本気で信じれること。     以上、 続きは 私の教材と、講座で。 寺本考志続きを読む

行政書士試験2016 落ちた俺と合格者との違い。合格者が本番問題につけた○×チェックや記述の解答用紙が見たい・・落ちた俺とどれだけ違いがあるか知りたいんや・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

  落ちた人と 合格者との本試験問題用紙を照らし合わせる、つき合わす!! 答えを先に言ったら、 合格者が本番問題につけた○×チェックや記述の解答用紙は 私の作った教材で見れる、 そして、 私の講座を採れば、 目の前で 自分がやった本試験問題の○×正誤判断の違いも発見できる。 聞きたい細かいことも聞ける。   大事なことは? こうゆう、どうでもよさそうな、しょーもないことを 知ってるか知ってないか? やったかやってないかで 確実合格できる勉強を あなたが作れるかどうかが決まるってこと。   私はいっつも言ってるんだけど、 合格する勉強ってのは、 ある知識や問題を知っててもしょうがない、 ふんふん、うなづいてもしょうがないのだ、   何が? 本番で 自分の頭が働くための勉強じゃなかったら、 今やってる勉強は 全部ただの遊びだってこと。   受験生がどんな勉強してたとしても、 それが 次回の本番で意味があることなんか、無意味なことなのか、 私にはわかる。 なんで? 意味のない勉強法、クソの役にも立たない教材、便利ツール、 全部、私一人で体験して痛い目にあったから。     自分の行動が 本当に合格に向かってるのか? そのあなたの1年間が試されてるのが 本試験日です。   あなたも、試験会場のイスに座る前から、 自分の勉強が合ってるのか、間違ってるのか? 正確に知りたい、他人に判断してもらいたいはずだ。 それができるのは、 私の作った教材と、私の講座だけです。   以上 寺本考志続きを読む

行政書士試験2016 絶対落ちない勉強法、本試験の得点の取り方だけを徹底的に教えてくれる人と会いたい!!

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

  絶対落ちない勉強・・ 本試験の得点の取り方だけを・・   あ~~ それを教えてるのは私だ。 私に直接教えてもらった受験生は   ・他人が書いたヘボ問題解説を二度と読まない。   ・新しい、難しい問題集を二度と触らない。   ・「楽で早く」インスタントでヌルそうな便利ツールを二度と買わない。     何が言いたいかってゆったら、 私に教えてもらったら、 参考書と過去問だけでやることがいっぱい見つかる、 他のことやってる暇がなくなるってことだ。   それが 本試験で絶対落ちない勉強方法、本試験の得点の取り方だけに時間を使える方法の中身だ。   当たり前だが、 知っただけでは確実に合格できる勉強はできない。   「知ってるだけでは意味がない・・」 それが何のことになのか? 気付いてないなら、私に教えてもらうべきだ。   どっちにしても、それに気付いてないなら、 何回試験受けても、また落ちるだけ。 まずは、私の教材を買いなさい。   以上 寺本考志続きを読む

行政書士試験2016 絶対合格できるテキスト、参考書、重要ポイント書いた小冊子、問題集がほしい!

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

  本番で絶対に点数取れる、合格できるテキスト、参考書、問題集がほしい!   そんなもん、この世にない。   自分が本試験で落ちた事実を知った後、 自分の考え方、見方が変わってないのに、 自分が変わらないまま、 行政書士試験の教材を、日本中から全部集めてきても、 来年もまた落ちるだけ。   知らん受験生が5万人おるから言っておくが、 本番で出される問題を  あらかじめ見たことがある受験生は この世にいない。 つまり、 試験官は 完全オリジナル問題を 毎年作ってくる、 予備校模試や予想問題と同じ問題も ありえない。 もし仮に 本試験前に、同じ問題が公表されてると判明したら、問題変更するためのストック、差し替えくらい、 平気でやってくる。 なんで? それが試験やから。 受験生が知ってることを単純に吐き出すだけで資格をくれる・・ そうゆう、「大学生のノリ」でやれるようなヌルイ戦いではない。   「何が本番で出るか?」 当てる、教えてほしい、覚えたいってのは、 楽で早く、なんでもかんでもインスタントに考えてる敗者の発想。   ならばどうするか?     勉強方法を変える、 あなたが自力で点数とれるための勉強をやるしか合格はない。 その方法は存在してるのだ。   と、 聞いた瞬間、 「自力をつけるための修行が必要? めんどくせ・・」 「前置き、過程はいらんから、さっさと、次回本番で何が出るか、教えてくれよ~」   そのような、 楽で早く、ヌルイことしか考えないならば、 あなたは 行政書士試験に合格どころか、 一生、現実を変えることはできない。     「合格者と自分の間に横たわる 実力の差別を十分に感じてる」 「自分の考えを捨てて 他人の言ってることを全面的に受け入れる準備はできてる」 「本気で反省してる、本気でやり直して 次回に合格したい」   そう思ってる人だけ、 私の教材を買いなさい。 そして、私が大阪でやってる直接指導講座に申し込めばいい。 あなたがそこまでできたら、 次回の本試験で 確実に合格できるから。   以上 寺本考志  続きを読む