タグ別アーカイブ: 行政書士 不合格 何年も

行政書士 受験2回目 後悔のない勉強法とは?

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

はい 寺本考志です。 「 あん時あーしてたらよかった 」 資格の試験で落ちたら 誰でもそう考える。   いま現在は2016年3月だ。 行政書士の試験日は 11月の第二日曜日だ。 すると? 「自分は試験を受ける 」 試験日までの日にちが遠すぎて 実感がないから どうしても 自由時間を勉強に当てることはできない。 実感がないというのは 今、あなたが私の記事を読んでる、この瞬間も同じかもしれない。   「まだまだ時間あるから なんとかなるわ 」 そう思ってるから 「今すぐ 新しいやり方で勉強しよう!」 と、 言われても 特に やる気は起こらないかもしれない。 私は辛い。 私のノウハウ、やり方さえ全面的に受け入れれば 行政書士の資格が取れるのに、 わたしにカネ払って教えてもらおうと思わない受験生が まだまだいるのが辛い。   後悔のない受験生活とは? 試せることを全部試してることだ。 試験前の9月、10月になったら 受験生、その誰もが余裕がなくなる、 勉強がうまくいかないからといって新しい行動に出ようとも思わないだろう、 今のうちです。 時間がたっぷりある、今のうちに やり方、ノウハウというものを作り上げておくのだ。 試験前に、出遅れてしまえば やらなきゃいけないことをほったらかしにしてしまえば 後悔が残るだけ。 さあ、 こっからですよ。 わたしと一緒に合格しましょう! 以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験結果の発表通知! もちろん俺はすでに落ちてることを知ってたが・・点数ボロボロ過ぎて 落ちた事実を認めるのがなかなかでき・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

「いつまでも、泣いてなんかなーい、♪ このままじゃ、泣いてらーれなーい、♪ 」 伝説ラブソング 「泣いてなんかない」 鈴里真帆   はい、 寺本考志です。 安心してくれ、 行政書士試験の話するから(笑)   で、 行政書士試験の結果発表通知は 1月末の週に発送、ネット公表。 たぶんな。   ところで、 こうゆう日付ってのは、 いつも 不気味な「但し書き」がくっついてる。 「土曜、日曜、祝日に重なれば 翌営業日に」 まるで、 会社の給料や 副収入が 銀行に振り込まれる日付の決まりごとのようだ。 私は、こうゆう文言を見たら いつも思う、 「土曜、日曜、祝日に重なれば 翌営業日に振込みます」 じゃなく、 「土曜、日曜、祝日に重なれば その前日に振込みます」 の間違いじゃないのか?と(笑)   あ↑↑↑ わかってる! 今、行政書士試験の話をしてるんですよね。   で、 試験で落ちても、足切りでも、成績表が おうちに送られてくる。 ちっちゃい紙が送られてくる。 この、 「自分が落ちた成績表」について 話す。     私が これまで教えてきた受験生の中で すでに試験を受けたことがある人に いつも聞く。 「去年、何点やったん?」   すると? 「覚えてないです」 「捨てた」 「家に来てないです」 「どこに閉まったか、わからないです」   こうゆう返事が返ってくる。 正直な話、受験生10人中7人だ。   じゃ、逆に 自分が落ちた成績表を受験生が持ってたら 私はなんてゆうか?   365日、毎日カバンに入れて持ち歩けと。 こう伝える。 まあ、 ムリなときもあるから、 スマホで その成績表を画像として保存しておくことも必要だ。   はい、 なんで 自分が落ちた成績表をいつも持ち歩かなきゃいけないか?  なぜ、365日毎日見なきゃいけないか?   これ言って終わるわ。   あなたに聞きますが、 あなたが 試験受けた日に起こったことを どれだけ覚えてますか?   答えは 私が代わりにいうけど、 何も覚えてないはずだ。 私の場合、 資格試験をはじめて受けた時、何回も落ちた時、 試験日に限らず、受験生活そのどこをとっても、 断片的に いつでも思い出せる。   これは、昭和によく流行った「記憶力」うんぬんの話ではない。   「死ぬほど勉強して 試験で負けた」 それがホンマに悔しいと思ってるかどうかの感情の話だ。   ホンマに悔しいって思ってるからこそ、 試験で落ちて、その日のうちに、 自分の試験を受けたレポート用紙を、A4サイズで 10枚書き出せる。 それが、完全ドシロウト時代の私の「試験で落ちた後の挙動」だ。   私がみなさんに提供してる教材が 受験生のみなさんにも使える、合格に役立つといえる、 それはなぜかというと こうゆう、「私が書きとめてきた しょうもなさそうに見えるメモの塊」が根拠になってるから。 試験日が終わった後に限らず、 受験生活、毎日毎日勉強してる最中に、 そうゆう感想的なメモを残し続けたからこそ、 何年経とうが、試験官がメンバーフルチェンジしようが、 「自分が言ってることは間違いない」 言い切れるのだ。   しかし、しかしだ。 自分が試験で落ちた日のことを忘れるな! A4で レポートを10枚書け! 悔しいって気持ちを365日、キープしろ!   ムリですよね?(笑) だから、 行政書士試験の財団が わざわざ送ってくれた 「目にするだけで ゲロはきそうな ボロボロな成績表」を持ち歩いてほしいって言ってるのだ。   「点数がボロボロな成績表を素直にみつめる」 それを 勉強しながら1年中続ける、 ある日、なにかしら、課題やミスが思いつくようになれば、 そんときは、 思い切り、合格に近づいてる証拠です。   念力で 過去の自分の失敗を捻じ曲げようとするためじゃない。 予備校、塾の講師が言ってることや ネットで他の受験生があーだコーダ言ってることも どうでもいい。 その、ちっちゃい成績表の中には 自分がいるのだ。 (ということは、試験会場でもらった 問題用紙も同じだってこと) 自分が通ってきた道を 毎日見つめ直す。 それだけが、 ダルくても、眠たくても、他人にバカにされても 勉強できる時間を作れるのだ。   以上 寺本考志続きを読む

「自分はもう、一生受からないんじゃないか・・」 行政書士落ちた人の心。 本試験日まで何すればいい?

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

女性店員A「いらっしゃいませ~、ご注文は?」 俺「コーヒーありありで」 女性店員A「はい、喜んで↑↑)^o^(」   はい、 寺本です。 さて、 死ぬほどがんばって、結果が出なかったらどうなるか?   「すべてのものからつけこまれてる!」って思い込むもんだ。 そんな毎日を送ってる人が、私の記事を見てるかもしれない。   ところで、 世の中には、 トレーナーとか、メンターとかいう人がいるのを知ってますかね? 要は、 精神面の改善、改造を仕事にしてるヒトたちだ。 昔はね、 自己啓発とか、こうゆう方面の話を、私はすべて信じなかった、 信じなかったどころか、非難する立場だった。   だけど、 30代超えて、思ったことがある、 それは、 自分の意思を貫くとか、 痛い目にあった場合の対処法とか、   実体験から、そうゆうことを自力で見つけ出し、 自分でケリをつけることができる人は、そんなに多くなかったってことに気づいた。   じゃ、 ひどい目にあった、 そこを誰かが言わなきゃ始まれない、気持ちが整理できない人もいるってことだ。   だから、私は、 一見、試験に関係なさそうな話を こうやってネットの記事にしたり、 教材の中でも言ったり、目の前で教えるときも 必ず使う。 延々と何年も堂々とね。   わけもわからず、 ただ 試験に落ちて悔しいという理由だけで、 次回の試験日まで、勉強やったりやらんかったり・・ そうゆうこと繰り返しても、 もう、結果は見えてるじゃないか~   そもそも、 市販、本屋で売ってる本を読んでても、 これっぽっちもオモシロくないですよね?   そこらへんの「分かりきった事情」を目をつぶって、続行しても、 自分の思い通りにはならない。   この試験、1年に1回しかないけど、 知識や問題がどうこうって話は、後からいくらでも取り返せる。   その前に、モチベーション、腹決め、方向性を正さなきゃ、 ホンマのホンマに、また同じ悪い結果を見ることになる。   だから? 人です。 人に惚れるから新しいことに無心になれるんです。   あなたが何を目指してるにせよ、 「あんな人になりたい」 一人はいるでしょう、 しかし、 傍から見てるだけやからこそ、 目的に沿った行動が続かないんじゃないですか?   じゃ、 じかに触れれる人、じかに話せる人を見つけるのが先だ。 それが見つかったら、 いくらでも、失った時間を取り戻せる。   そうゆうことに 金と時間と労力を使ってください。 それが 「何回落ちても絶対に受かる方法」のきっかけ作り。 間違いありません。   以上 寺本考志  続きを読む

行政書士2016 180点分をとるための予想、点取る仕組みを教えてる先生に勉強を教えてもらえ!

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

               あのーー、予想問題ってのは、本番では当たらない。 「当たる、当たった」ってゆう奴は、うそつきだ。   今、2016年です。 いいかげん、そうゆう小学生を騙すような「うたい文句」にひっかかって金を出すのはやめましょう。 で、 私が教えてるのは、 本番で何を出されても、 合計180点とれる力、 そこの身につけ方だ。   「しんどい、めんどくさそーー」 気持ちはわからんでもないが、 結局、 本番で 意味が読み取れなきゃ、急所の問題は点数取れないし、 本番で実際に 何も思いつかず、 点数落として、また来年・・   そうゆう展開になることが一番最悪なことをわかってるから、 私は こうゆう方針なのだ。 何年も前から。   はい、 まずは、 私の作った教材を見てほしい、 それを買って読んでみて、 もっともっと吸収したいと思えば、 私の講座に申し込めばいい。   以上 寺本考志  続きを読む

行政書士試験2015。予備校1年通ったけど 結果落ちた、俺の1年間は なんやったんや・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

はい、 よくある話。 特別なことじゃない。 私に直接教えてもらいたいとメールで問い合わせてくれる受験生、 実際に私に教えてもらった受験生の多くは 他の業者に金払って、本試験で痛い目にあった経験がある人ばかりだ。     予備校使って 本試験で負けたあなたが思ってることを当てます。   ・今までやってたことで、ハッキリ答えがわかるもんは一個も本試験問題で出てなかった (「自分は試験会場を間違えたのか?」 思うほど、やってきたことと距離がある本番問題だった)   ・予備校で教えてもらった知識や解説が 全部あげあし取られる形で負けた。 (正答と自分の解答を照らし合わせると 「絶対合ってると思った問題まで」×がついてる )   ・部屋にある予備校で買ったグッズ、もらった便利ツール、 どこに何があるか分からんほど量が多くて 見ることもできない。 (というより、復習が思うようにできないまま、本試験日がきた)   ・いっぱいいっぱい、知識や問題こなして時間使ってきたけど~ 自分一人で考えて勉強してたほうが もうちょいマシな試験結果やったのでは? と思えてきた (誰かを恨んだり、人間不信になりつつある)   はい、 こんな感じなはず、ここに書いてることをあなたは絶対考えたはずだ。 ネットの記事では出てこないが、これが現実です。   え? なんで私にそんなことがわかるかって?   簡単や あなたは昔の俺やからです。   大事なことは、 1対複数の講義で教える体制、 偉い人の話を一方的に長時間におよんで聞いてるだけ、メモルだけの時間、 「解説聞いて問題こなして、解説聞いて問題こなして」の単調な流れ作業・・ そうゆうのは、もう古いのだ。 なぜなら、力のない者がついていける理由など、どこにもないから。 「講義を聞いてるうちに、みるみる能力が上がっていき、 講義についていける実力が・・」 そんな魅力的な展開は訪れない。 貯まるのは、講義でやったノートや問題の数々、 消化仕切れない道具が部屋に積まれていくだけだ。   本試験の結果が悪かったどうこうというより、 そもそも、予備校のプログラムについていけてなかった自分がいたはずだ。 すなわち、 試験前から、嫌な自分を鏡で見続けて、自信を失い続け、 胸中はすでに試験どころではなかったことが あなたにとって、一番辛いことじゃないでしょうか。   断言してもいいが、 「自分が変わらなきゃ合格はない」   予備校に通ったのなら、 あなたは 天才、優良受験生を傍から見たはずだ。 問題は、 やれてる人間と自分とのあいだに広がる、実力の差別を十分に感じ取れたかどうかだ。   もし仮に、 そこに目をつぶって、 「また来年の7月から 追い込み勉強始めたら今度は合格するわ」 「来年の本試験で出ることが書いてる教材がほしい、ええとこ取りだけしたい」 敗者の甘い発想を捨てなければ、 あなたは 一生現実を変えることはできないだろう、   逆に、 やれてる人間との差別を十分に感じ取ることができてるならば、 やること、探すもんはひとつしかない。 自分だけのためにしゃべってくれる人、 自分の状況、実力に合わせて いくらでも話を変えれる、作れる、 そうゆう実践的な裏プロに教えてもらうことだ。   受験生活脱出したい、来年は絶対受かりたい、 本試験まで今が何日前とか、住んでる場所とか関係ない、   あなたが本気でそう思ってるんやったら、問い合わせ画面から連絡ください。 どんなにブザマな試験結果しか持ってない人でも、一発で終わらせます。 以上 寺本考志        続きを読む

行政書士試験2015 通信教育教材をネットで買って1年勉強したが俺は落ちた、そんなバカなことが・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

はい、 部屋に残されたのは、 分厚いテキスト、問題集、CDやDVD・・ というより、 一切触らないまま、サラの状態に近いことに気づくと、 また一段と「落ちた悲しみ」を増長させてるはずだ。   でも大丈夫、 通信教育教材をネットで買った受験生で、ほとんど勉強できてないまま本試験を受けて落ちたのはあなただけじゃない、 もちろん、ドシロウトだった過去の私も同類だ。   まだやり直せる範囲や 違うやり方を見つけるために立ち上がるんや   ここで 法律どうこう、知識がどうこう言ってもしょうがないから、 一瞬で話を終わらせるが、 専門的な知識や問題を身に付けるのは 一人で勉強するには そもそもムリがあるのだ。 試験範囲の勉強道具を全部もらって、 学生時代にやった勉強方法の記憶を信じて 一人で勝手に勉強して それで行政書士試験で合格する・・ そもそも その構想にはムリがあるのだ、 それで受かる方が不自然なのだ。 「大学生のノリ」でやってる勉強を捨てるのだ。   「こんな勉強してて勝てるワケねぇよ」   そこに気づいて、認めて、 教えてくれる人間を必死に探した受験生、 それができた人間だけが来年必ず勝てる、 間違いありません。   「楽で早く」というインスタントな発想を捨てて、 あなたに 合格するやり方を教えてくれる人間を探して金払う、 そして、 「自分がどうなったら合格なのか?」 「何ができてたら自信を持てていいのか?」 そこを知る。 だからこそ、必死に勉強してる自分が実現する。 それが答えなのだ。   それ以上も以下もない、 次回の本試験で絶対受かりたい、 それが一番の望みであれば、選択肢は2つも3つもない、 道はひとつなのだ。 以上 寺本考志            続きを読む

行政書士試験に落ちた、でも来年も受けるんや、不合格者対策で最強路線は?

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

「懸命にやったのに分からんかった、いっぱい間違えた」 「何回やっても 本番なったら点数が 180点よりはるかに下回ってる・・」 こうゆう人でもなんとかできるのが私の指導講座だ。 いや、 そうゆう、懸命にやってんだけどダメな結果しか出せない受験生専用で 合格させれるのが私、寺本考志だ。   関西、大阪の受験生、 そして関西以外の受験生問わず!! 1 私の教材を買う 2 大阪まで来て 寺本の講座を受ける。 (一回だけでも可能、 関西以外から いちいち大阪まで教えてもらいにいくのがめんどくさい? 絶対合格したい受験生は 普通に来てくれてますよ。)     本番で落ちた、不合格やった・・ 悔しい、腹が立つ・・ でも 行政書士の資格ほしいでしょ? それでいい、 落ちたけどもう一回、リベンジ、再挑戦、 それは恥でもなんでもない、 合格するまで勉強するなら。 代わって、 「落ちた、ハネられた、やる気なくした、資格や行政書士なんか もうどうでもええ」 そこでやめるから 恥になる、   他人に「行政書士試験に落ちた」話を持ち出されたら 何もいえなくなる、きまずくなる。 運命変えるなら、今しかない。 なぜなら、 大人になってからの勉強なんか、 やめようと思えば、今すぐできる、 逃げても、忘れても、誰にも怒られない、誰にも咎められないから。 以上 私の話に同意できる、話の意味が分かる人だけ、↓↓から別ページを見てください。 寺本考志            続きを読む

行政書士2015 試験落ちた・・気持ちの整理をつけたいんや・・ 15/11/8

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

はい、みなさんこんばんわ! 寺本です! 「行政書士試験に落ちた負けた」が確定した人に言いたいことがあるから話していく。 終わった後の感想は? 「難しかったやんけ~ 思ってたんと違うかった・・」 「解答速報とじぶんの解答照らしあわし、 ×がついたのが多すぎ・・数える気にもなれない・・」 「悔しい・・恥ずかしい・・人に言えない・・」 「もうちょっと勉強してたらよかったわ・・」 「落ちた負けた」が確定した人は、 思考が定まらず、混乱してることでしょう。   で、 あなたが 行政書士の勉強してることを知ってる人に 落ちた結果を伝えるとき、 いちいち 後ろめたくなるでしょう、 「落ちた」とコトバにしにくいでしょう。 その上、 「資格の試験勉強を一度もしたことがない奴に 外野からボロカス言われる」 しかも、 負けた身分だから、何も言いかえせない! これほど、傷つく出来事は他にはない。   で、まあ、 今回で行政書士の勉強やめる、 参考書、過去問とかは見納めと考えてる方は しょうがない、 私は何もいえない、 だが、来年受けたいと思ってる人だけに言いたいのは、 「なぜ落ちた?」って考えることよりも、 「自分を勉強させてくれる教材や人間と どうすれば出会えるのか?」 ここを問題にしてほしい。   ・会社辞めたいから または いつ会社を辞めてもいいように資格を一個でも ・経歴、学歴 ともにパッとしないから、近未来に何があってもいいように資格を ・できる仕事について、特別な実戦経験もなく、資格を取るしか生き残れないことを自覚してる   そうゆう「確かな動機がある」んだったら、厳しい状況でもこれからも勉強するでしょう、 ところが、 たいがいの受験生は 資格の勉強しなきゃいけない理由なんてないはずだ。 それが普通だ、それでかまわない、 しかし、しかしだ 予備校、通信教材にクソ高い金払っても、 有名、ブランド、便利ツール、みんなが知ってる教材にすがっても、 結局 自分が勉強しないから 来年の本試験に また負けることになるのだ。   本日 本試験に落ちた受験生を咎めてるんではない、 資格試験のドシロウト時代だった過去の私自身による、実体験の本心を言ってるだけだ。   はい、 今私が書いた記事の意味が なんとなくわかる受験生は 来年必ず受かります。 そのために、1年前の今から 準備のことを考えましょうよ。 なんやかんや、言ってても、どうせまた 来年の試験でリベンジ(再挑戦)するんですから。 もっと大きい枠で見たら、 行政書士に限らず、他の資格も勉強したいと思ってる人が多いはず、 あなたがやりたいことが間に合うように 仕事しながらの資格受験生活を充実させましょう。   はい、話はココまでですが、 私の話をもっと聞きたい、 私が教える勉強方法が知りたい、受け入れたい、 私に直接教えてもらいたい、 そう思った人は下記のリンクから続きを見ましょう。   以上 今日はおつかれさまでした!! 寺本考志         続きを読む

行政書士2015。去年落ちた、もう落ちたくない、でも 合格方針が固まらないあなたへ

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

              初心者、ベテランの受験生問わず、誰もが思うのだ。 有名教材、高級教材を買えば、 試験範囲の知識や問題をすべて解説してくれて、 それを覚えたり、理解したら、 自分は合格できるもんだと・・   だが、それは大きな間違い、 試験で落ちる5万人が考えてることだ。   普通に考えて そもそも予備校では何を教えてるのか? それは、 教材では書けない、書いても伝わらないことを 目の前で教えてくれるから 予備校なのだ。   もちろん、 そこまでやってもまったく理解できん、ついていけない、受験生もいるだろう、 または、 すでに予備校に通ったが、本試験では太刀打ちできる結果でなく、 何点取れたのかも覚えてない、見たくもない受験生も 私の記事をみてるだろう。 そこでアドバイス 教えてもらう人、 使ってる教材を間違えたら その時点で合格はない。   選び方、おすすめ、うんぬんではなく、 他人に聞いてみたり、 直接目の前で話を聞きにいったり、 そうゆう積極的な動きがとれるかどうか? 他人の言ってることをアテにするんじゃなく、 あなたが考えて選ぶことが 一番の合格への近道なのだ。 以上 寺本考志  続きを読む

行政書士2015 何度も落ちたベテランでも、一発合格してしまう方法 (大阪)

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                自分を直してくれる人に 金払って教えてもらうこと もう、それしかない。 教材、 紙やDVDや音声は すでにやりこんだ、 アテにしてないあなたの気持ちは 日本で一番私がわかってる。   はい、 誰に向かってしゃべってるのかわからん業者がやってるとこに通うか、 1対1で直接あなた専用に教えてくれる人に金を払うか あなたの決断です。 当たり前だが、 私が ベテランのあなたを復活させ、合格させる自信があるから こんな話をしてるのだ。 以上 寺本考志          続きを読む

行政書士試験2016。苦痛な勉強をやめたい、でも今の仕事を辞めるためには• •

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

            普通に考えて、 今の仕事を辞めたいから 行政書士試験の勉強始める。 それが通常。 今の会社を脱出するためですよね? だったら、経済観念やリスクなんかあって当然。 そこらへんの、 今日から試験日までのトータル的な 受験生活の流れや詳細を知り尽くしてるのが私だ。   合格できる勉強を教えてくれる上に、 あなたの心の支えにもなる頼りになる男の 合格講座を受けてみませんか?   寺本考志   詳細は下記からどうぞ!)^o^(    →問い合わせはこちら!!       続きを読む

行政書士試験で法令択一100点も取れない• • 金払うから直接教えてくれ• •

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                    本試験受けた・・ が、 不合格どころか、 100点も取れてない・・ 自分は人間失格なのか?・・ それぐらい傷つき疲れてもオカシクはない。 じゃ、 2月に送られてくる成績表も、持ってる教材も、次回への具体的な対策も 何も見たくない、考えたくないですよね?(笑) はい、 ヤケクソになる前に!!)^o^(   反省するとか、自分や予備校を憎むとか恨むとかじゃなく、 自分がやってきた勉強が合わなかったんですよね?   合わなきゃしょうがない、 だったら やり方、切り口変えるだけでいいんですよね? 新しいやり方、切り口を探せばいいんですよね? 探して見つけて、新しいやり方を始めるだけ。 それ以上も以下もない。   こうゆう簡単なことが なかなかできない、取り組めないのが資格試験の受験生なのだ。 過去のことを考えてもしょうがない、 タイムマシーンに乗って、昔に戻れないんだから。   試験で落ちた受験生がやってたことってのは、   教材だけ使うとか、 「DVD聞いて学んで、問題やって、まとめて・・」 要は、 そうゆうことが合わなかったんですよね? いくとこまで行き切って それでも結果がダメなら??? やっぱり、 プロの声を聞くこと。 単に聞くだけじゃなく、聞いてるフリでなく、 都合がいいとこだけ、ええとこ取りだけするんじゃなく、 全面的に受け入れることだ。 まあ、 プロってのは、 予備校とか・・ 寺本考志もいるわけですよね? どうしても本試験で勝ちたかったら、下記のページリンクを押してください 以上 寺本考志      続きを読む