タグ別アーカイブ: 行政書士 直前 勉強法

(行政書士試験)自分の思ったように勉強ができてない 時間だけが過ぎていく 辛い・・「寺本人生相談室2016」

仕事しながら勉強。合格後の未来

私は毎年毎年、 受験生と話すたびに感じるのだ。 「自分の思ったように勉強ができてない」 そんな悲痛の思いが伝わってくるのだ。 それは? 朝起きる、仕事する、メシ食う、仕事が終わる、 その? 仕事が終わって寝るまでの間、 勉強してない自分を自分が見てるからだ。   つまり、 受験生45000人いたら 35000人は 「自分は絶対合格できる」 思ってない。 なんの陰りもなく、100%本気で 「自分は絶対合格できる」 そう 思えないのだ。   何が言いたいかって? 20歳超えてからの資格の受験生ってのは、 勉強すること自体に意義を持てない。 そこが問題なのだ。   まず 何よりも 勉強すること自体に意義を持つのだ   はい、 よく考えてください、 いや、考える必要ないわ(笑)   ・友達とメシ食う、飲みに行く ・趣味に走る ・TV,ネットで好きなもんを見る ・派手で楽しそうなことを考える   上記と、 クソつまんねえ、活字を読み解こうとする行為、 いったいどっちの時間の方が あなたは長く使ってますか? 答えは決まってる。   しかし、しかしだ。 最も大事なことは サボッてる自分をなんとかしようと ムリクリ自分を強引にひっぱって 「勉強しなきゃ!勉強しなきゃ!」 こう考えてはいけないことだ。   見てる景色を変える、 自分が気持ちよい感覚になれる勉強方法を使う、 それ自体が 試験勉強なのだ。 そうゆうことを教えてるのが私だ。   もちろん、感覚や直感だけで 試験で点数取ることはできない、 しかし、 自分を勉強へ突き動かす原動力となる生活感を作り上げなければならないのだ。   もちろん、 そうゆう話のプロが私だ。 以上 寺本考志    続きを読む

行政書士試験に何度受けても100取れない、 俺は点数があがらない! なぜだーーーーー

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                  本試験を何度受けても 点数が上がらない受験生の原因とは?   まあ、ひとことでは難しい。 だけど~ 専門的なことを勉強してるって意識があるかどうか? あなたが知ってる日本語、普段使ってる日本語と 問題文に書かれた日本語は 大阪と東京くらい離れてるのだ。   コトバのアヤで言ってるんじゃなく、本気だ。 だから? 一回、 たった一回だけでいいから 予備校とかーー 寺本考志とか、 そうゆうーー プロの方の話を聞いたほうがいいかもしれない。 以上 寺本考志      続きを読む

行政書士の市販テキスト、問題集に書いてることが難しい、俺はもう勉強やめたいわ・・

テキスト・過去問の分析のやり方

                市販教材、みんなが知ってる有名な教材、 それらは 残念ながら、初学者受験生の出来なさかげんを 一切考慮してない。 (こうゆうことは ネットには出てこない) なのに、 なんでもかんでも 書いてることを信用するからこそ、間違いが起こる、 ハッキリ言うが、 自分の思うがままに、学生時代の経験だけでテキトーに勉強してると、自分の頭が悪くなるのだ。 なぜなら、 本に書いてることが分からないなら、それは自分が悪いと思うからだ。 すなわち、 やればやるほど、合格できると思えなくなる、 すると? 勉強する時間が次第に減っていく、 逃げる回数が増えるのだ。 だからこそ、 私のやり方、勝ちパターンを使って勉強してほしいのだ。 難しいことを よりたくさん覚えて持ち歩くために 私の教材を買うんじゃない。 難しい文章を、簡単なことでなんとかするために私の教材を使って勉強するのだ。   来年の本試験で勝ちたかったら、 自分がやってみてダメだったやり方に見切りをつけること。   以上 寺本考志            続きを読む

「行政書士試験の勉強が難しい・・」 一人で考えるより、プロに頼れ!

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

            「どうしたら手っ取り早く点数取れるのか?」 と、 一人で あ~だこ~だ考えるよりも、 「手っ取り早く 結果がもらえる」という手順、技術を 先輩である私からもらった方が 話が早くないでしょうか?   自分ひとりで、質や技術を身につけようとしたら、 100本ノック、数げいこ、 数年かかる、って展開になる。 自分の頭を過信するよりも、偶然に頼るよりも、 他人に見本、参考例をみせてもらって、 見よう見マネから始めただけでも あなたが結果を出す確率は高いはずだ。   大人になってからの資格試験に合格する早道なんて、 本当にそれだけの話。 素直になるという勇気だけで あなたの道が開かれるのだ。           続きを読む

行政書士 知らない新しい問題の解き方 パニックにならずに済むには?

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

勝利のカギは 本番予測だ。 未来を読んで 反応すること。それに尽きる。 私が作った教材の一番の特徴は 性別も 年齢も 個性も異なる法律の資格受験生達が まったく同じ合格設計方法を利用し、 合格という結果を 高確率で現実に出しているという、 「裏」が取れていることに価値がある。   知ってる知識の数の多さや 勉強時間の量など どうでもいい。 過去問や模試をやった後、 答えが合ってた誤ってたなんか 試験合格にまったく関係ない。 重要なことは 自分の中にある穴やズレに気付き、 それらの部分を うまく修正できたのかどうかだけが 試験合格に直結するってこと。   私が勝手に作った言葉で 「現場能力」や「本番予測」というものがある。 それは どんなものかというと、 訓練中(普段の勉強中)にやったことがないことを、 本番中には 自分は絶対できない。 逆に 訓練中に自分がやったことは 本番中にそのすべてが前に出る。 その自分のやってきた「ダメな方」すべてが 前に出てしまうのだ。 いまいち 意味が分からないかもしれない。 よく聞く話に言い換えれば、 「本番で 自分の実力が 100%しっかり出せなかった・・」 ってやつだ。 そこには 偶然ではなく、 自分の力が押さえ込まれた原因が確実にあるのだ。 普段と本番の差を埋める。 その目に見えない面倒事を さっさと片付けることこそが 最も合格を確実にさせるのだ。 それが「現場能力」や「本番予測」の威力だ。 あなたにわかってほしいことは、 自分の頭の中にあるデータを塗り変え、 照らし合わせる参考材料を増やしてほしいということ。 「他人と自分の脳を結びつける。」 そして 自分が今まで思いつきもしなかった答えを出すのです。 それが私が作った教材を使う あなたの一番の目的です。  私が作った教材でぜひとも、合格を手にいれてほしい! 詳しくは下記リンクから必ず見てくれ! 以上 寺本考志   続きを読む

行政書士試験 難しい問題で点数取れるから合格・・ではない

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

「がむしゃらにやればやるほど・・」 『難しいことができたらスゴイ!!』 自分の記憶から その言葉を消すのです。 しんどい、時間がかかる、金がかかる、 その上 目的達成できる確率が低い。 だったら最初から やりたくないですよね。 そうだと思いませんか? 私は この7年の実体験から、 間違いない と言えることがある。 それは 「難しい、複雑なことができる人がスゴイ、偉い」 が 嘘だということ。 これを嘘ではなく、当然だと思ってしまうと、 「難しいから 複雑だから 時間かかったり 努力したりするの当然だ」 という考えになる。 こうなったらもう 短い時間で 少ない労力で 試験に合格する可能性が低くなる。   過去問や問題集を見たら 「ひっかかりそうなフレーズ」が たくさん挙がってるワケですよ。 そしたら 全部押さえにかかってしまう。 つまり 試験本番が 「知ってるか知らないか?」だけの勝負になる。 そうゆう人は本番で 「新種だ、知らない」ってなったら、 もう そこで終わりなわけですよ。 「難しいことがスゴイ、やればやるほどできる」 って思ってる人は訓練中に(普段の勉強中) 「知ってるか知らないか?」で 自分の能力を測るようになる。 自分が知らないもんが出てきただけで 自信を失くしていくのです。 だから やればやるほど、勉強に手がつかなくなっていく。 この「負けパターン」にハマらないようにするためには?    詳しくは下記リンクから! 以上 寺本考志   続きを読む

行政書士2016 合格者の本番問題用紙を見て、解答方法を知りたいあなたへ!!! 

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                平成24年度の私の受験当時の問題用紙を使い、 知識の解説よりも、仕組みを重視した教材を作った。 もちろん 私が問題用紙に記入したすべても画像で提供しております。 試験合格に本当に必要な参考例を 先に見る! 画像と文章だけで構成されてる教材だが、 「なぜ失敗したのか?」 「なぜ知らないのに答えが合うのか?」 「よく出る? よく誤解する? だからなんですかい? どうすりゃいいんですか?」 「試験官の問題作成パターンや意図」等を、 正確に意識できるよう 提供してあります。    詳しくは下記リンクから必ず見てくれ! 以上 寺本考志   続きを読む