タグ別アーカイブ: 行政書士 裏技

行政書士2016人気おすすめ講座 あなたも寺本通信講座で行政書士の資格を!

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                なぜ、行政書士の資格取得を取ろうとするのか? ・会社辞めたいが、転職したくない、できないから。 ・ネットでいろいろ道を探したが、資格取得して事務所出すって道が 自分に合ってると思ったから。 (いろいろな仕事をしてきたが、派手な道は自分には向いてないと悟ったから。) ・特に今はやりたいことは見つからないが、 遊んだり、暇を持て余してるくらいなら、資格の一個でも増やしておけば いざ、自分のタイミングがやってきた時に 勝負しやすいから。   まあこんな感じですかね。   勉強の手段 ・予備校どれがいいか? ・通信教材どこがいいのか?   まあ ひとことで言えば、 通信教材、予備校の通信講座が流行りなのだ。 二十歳超えた大人が勉強するなら、 誰にも干渉されず、自分のタイミング、自分のペースで勉強して 資格に合格したいと考えることが「流行り」の意味だ。   問題は あなたがどこを選ぼうが、避けて通れない部分が必ずあることを知っておく。   それは、あなたの知らない部分、がんばっても距離が埋まらない部分が出てくるってこと。 もう一度いうが、 これは、予備校、通信教材を利用した場合の話だ。 (一人独学、市販テキストでがんばった場合だけの話ではない)   冗談や面白半分で こんなこと言ってるんじゃなく、 私が何100人も資格受験生を教えてきた実績から モノを言ってる。 予備校、通信教材を利用して、本試験でハネられたから、私に教えてもらうってのが 典型パターンだから。 本試験で 一回ハネられないと、私の言ってる理論や考えは なかなか理解してもらえない傾向がある。   もし、あなたが 予備校、通信講座、通信教材の選び方で迷ってるなら、 ぜひ私の教材販売ページを熟読してから ベストな選択をしていただきたい。 以上 寺本       続きを読む

行政書士 知識を覚えられない、考えると時間がかかる・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

他人から 教えられたことないってことですよね? もしくは 教えられたけど、ただの雑音にしか思えなかったと評価したか・・ 教えられたことがない人の行動パターンの代表 全部読む、全部チェックするってこと。 なんで? 書いてること、全部覚えれる人間て、自分のこと思ってるから。 「覚えれるもんじゃないわ!」 気付いてる人なら、「やり方」探すに決まってますよ。   クソ知識、クソ問題、クソ解説、 コレ読んだら 自分の頭の中、どうなるか? 自分の頭の中で、 選択肢が 広がる、迷う、とことん迷う、 もう、決めれなくなる、 その癖が そのまま本番で 表に出る、 だから? 答え作るのに、いちいち時間がかかる人間になる。   ここを 知らないのが、 誰からも、教えられる必要なんかないって思ってる人。   自分に 抵抗するのやめるんです。           続きを読む

行政書士 合格するのに記憶力、暗記力、年齢は関係あるのか?

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

「知ってる、知ってない、なんかどうでもいい」 私の口癖。 これは 「モノ覚え悪くてかまわない・・」 を通り越して 「忘れてしまっててもいい」ってこと ここに、語弊はない。   (ここの話は 本教材でも やたら詳しく言ってる。)   「何回も見たことあるのに 思い出せない、ハッキリ答えられない」 そこに自分がいちいち 苦しみ、停滞を 覚えるような勉強は 完全に間違えてる。   知識の習得につき、 ここの誤解を解かない限り、 自分の首を絞めるような受験生活が 永遠に続くだけ。           続きを読む

行政書士試験 難しすぎて・・知識や問題の解説じゃなく、勉強方法教えてほしい

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

勉強が手につかない、 すぐサボる、勉強以外のこと考えて 一日が終わる? 大事なテーマです。 こうゆう、基本的な悩み、 ド基礎すぎて 恥ずかしくて人に相談できない・・ 相談しても、 「そりゃ、あんたの問題やろ? 俺にどないせぇ、ゆうの?」 言い返されそう・・ 20歳超えたら みんなそう考えてるから。 じゃ、どうすんの? こんな時こそ、 精神論ッポイことを使う   あなたは 嫌いな奴相手やったら うわべ使ってないですよね? 嫌いな奴が作った料理、マズかったらマズイって口に出すでしょ? 嫌いな奴相手やったら 勝手にホンマの自分が 表に出てる。   だけど、 好きな相手やったら 勝手にうわべ使ってますよね? 言いたいことを押し殺して 相手に合わせてますよね? なんで? そうゆう自分で おらなアカンて思ってるから。 で 何が言いたいか? 「勉強できない!」 「やらなきゃダメになる、わかってるけどできない」 それは 逃げ方知ってる、知り尽くしてるから。 「逃げた」 それをこれまで ホンマの自分がとことん貫き通してきたから。 だったら、 うわべだけでも変えていきましょって話!   「 ウチは勉強が好きなんや! 資格取るため、思い切り勉強したいんや!」 ホンマの自分は思ってないですよね?(笑) 資格取ったら得する、金入ってくるとか、 カッコいいとか、やりたいことができるとか、 資格の勉強って やりはじめの頃は うわべでがんばろうとするんですよね? そもそも うわべでがんばろうとしてるんだから 「こんなことしたくないわ~」 「バイトや副業してたほうがええわ~」 ホンマの自分が言ってる意見を混ぜたら 話にならない。 そりゃ、勉強続かないのは当然。 うわべだったら 好きな相手を想像したら いくらでも 自分を変えれるって思えますよね? 言われなくても、いつも自分が勝手にやってるんだから。 だったら勉強でも ムリヤリ好きになれって 自分に言い聞かすんじゃなく、 とにかく、 うわべだけでも変えようと、 うわべの自分の行動だけでも固めましょうよ~ 「ホンマの自分は 勉強が嫌や、言ってるけど、うわべで やりくりしていく」 それを 自分が決める。  うわべが固まったあと、 やっとはじめて ホンマの自分で勝負できる時ですよ。 ホンマの自分の部分を変えるには まだ早いって段階の人もいる、 「今すぐ 大きく変わりたい」 それが できない段階の人でも 精神論ッポイことをうまく使えば、 時間はかかるかもしれないが 結局は 当初ほしかったモンが手に入る。   そうゆうもん。 だから、ここの記事でも 教材の中身にも 精神論ッポイことをプラスアルファで混ぜてる。 以上   寺本考志           続きを読む

行政書士合格したいなら 考え方・見方を磨く、育てるだけ!!

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

私は法律博士でも、雑学王でもない。 みんなが知ってる「専門家」でもない。 多くの人に嫌われること、わかってて あえて言うが、 私、資格に関係ない仕事してる。 予備校講師でも、 他に仕事しながら 教えてるって言ったら批判される。 客観的に見たら、ホンマに試験を分析、研究してるように思えない、 片手間感覚で教えられたくないっていうのが理由だろう。 だが、 私は そうは思わない。 資格、法律にまったく関係ない世界で学んだ大事なことを、 それでいて 誰でもわかる話を、 うまく普段の勉強に混ぜる、組み込むことこそが 難しく見える知識や論点を 自分のモノにできる手段だと信じてる。    詳しくは下記リンクから必ず見てくれ! 以上 寺本考志           続きを読む

行政書士試験で受からない理由 一人でやり方を必死に考えても時間の無駄や

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

私は 知識も、教材も、やり方も、信じられないほどの時間を投入して 一個ずつ潰していった、 何百何千と 素人判断で誤ちを繰り返してきた、 そんな私が 最終的に このやり方を使ってほしいと言ってる! それを素直に受け入れる道を選ぶ方が よっぽど現実的で あなたにも扱い切れる(機能する)確率が高いやり方ではないでしょうか。 「あなたが知ってる あれもコレも全部やった、 その中で これが一番 本番で点数稼げる確率が高い」 ハッキリ言えてる奴が 本物のノウハウ持ってる者ではないでしょうか。 そんな人に教えてもらったほうが あなたは合格できる勉強になるはず。 以上 寺本考志           続きを読む

2016行政書士の資格取るために勉強するかどうかで迷ってるあなたへ!

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

そもそも「資格取るか? 取らないか?」 で迷い、 この記事を読まれてる方へ   大事なことは たったひとつ。 自分はホントに 未来のあることに時間使ってるのかどうか? 「未来がないことに 今の自分は時間使ってる」 そこに気付いてるのであれば ぜひ 資格を取ることに前向きになってほしい。 有り余ったエネルギーを 「今楽しければいい」ってことに使うのではなく、 あなたの未来を有利にするために使ってほしい。 仮に 新しいチャレンジして 結果出なくとも、思い通りにならずとも そん時なって再度 考えりゃ済む。 これは 他人事として 雑に言ってるワケじゃない。 本当のことです。   以上 寺本考志   続きを読む

行政書士試験 対策講座 「本番予測」の勉強方法

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

・私が勝手に作った言葉で 「現場能力」や「本番予測」というものがある。 どんな意味かというと、 訓練中(普段の勉強中)にやったことがないことを、 本番中には 自分は絶対できない。 逆に 訓練中に自分がやったことは 本番中にそのすべてが前に出る。 その自分のやってきた「ダメな方」すべてが 前に出てしまう。   よく聞く話に言い換えれば、 「本番で 自分の実力が 100%しっかり出せなかった・・」 ってやつ。 そこには 偶然ではなく、 自分の力が押さえ込まれた原因が確実にある。 その普段と本番の差を埋めることが「現場能力」や「本番予測」。   以上 寺本考志    続きを読む

行政書士。何回試験を受けても 俺はやっぱり落ちる・・3回以上・・自分を変えたいんや・・

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                何度試験を受けても ハネられる・・   それはあなたが悪いのではない。   じゃ 何が悪いのかって? 教材に書いてることが悪いんですよ。 たとえば 過去問の解説って 本試験問題作った方々が書いてるんでしょうか? 違いますよね。   「ここで こう誤解してほしかったから わざわざ置いた」 「このテーマを軸にして しっかり勉強したか問いたかった」 そうゆう 本命となる急所の理由は書かれてない。 しょせん 他人の問題解説なんて そんなもんですよ。   ならば どうするか?   「自分で自ら 解説できるようになればいい」んですよ。 そうなれるために用意したのが本設計書ですよ。 参考書や問題文に書かれたことに いちいち振り回されるのではなく、 「これは あ~だからこうだ」 と、自力で 面倒ごとを片付けていく能力が必要なんです。 それこそが 私が名づけた現場能力、本番予測です。   この現場能力、本番予測というものをもっと正確に説明すると 訓練中にやったことないことは、 本番になったら 自分は絶対できない。 逆に 訓練中に自分がやったことは 本番中にそのすべてが前に出る。 その自分のやってきた「ダメな方」すべてが前に出てしまうのだ。   よく聞く話に言い換えれば、 「本番で 自分の実力が 100%しっかり出せなかった・・」 ってやつだ。 そこには 偶然ではなく、 自分の力が押さえ込まれた原因が確実にあるのだ。   もちろん 私が作った教材の中では 「どんな場面か?」 「修正、脱出方法は?」 的確な言葉で表現できている。 これは空想や単なる思い込みではなく、 私だけができたことでもない。 私以外の資格受験生でも扱えた作業の中身だったからこそ 私が教えた資格受験生達は 現実に結果を出してきたのだ。   「昔、勉強してた記憶がない者が 一発合格。」 「高校もロクに行ってなかった。」 「ずっとパチンコやってた。」 「夜の仕事しかしたことがない。」 「リーマン、OLやるのが耐えれない」 「時給800円や900円では 仕事が長続きせず、すぐ辞める」 「他人の言うこと聞きたくないから独立したい」   私が合格させてきたのはそんな過去であった人間ばっかりですよ。 重要なことは 彼らや私が合格できたのは 決して偶然ではないってこと。 「そこ」には、原理原則、理由はあるのです。 トータル的な情報を組み入れ 仕組みを重視し、 合格できる確率があがる「見方・考え方」を手にしてしまえば 自分の過去や 周りで起こってる嫌な展開など どうでもよくなれるのです。 この言葉を噛み締めていただきたい。   以上 業界寺本考志     続きを読む

行政書士2016 合格者の本番問題用紙を見て、解答方法を知りたいあなたへ!!! 

【リベンジ】落ちた後の対策・アドバイス

                平成24年度の私の受験当時の問題用紙を使い、 知識の解説よりも、仕組みを重視した教材を作った。 もちろん 私が問題用紙に記入したすべても画像で提供しております。 試験合格に本当に必要な参考例を 先に見る! 画像と文章だけで構成されてる教材だが、 「なぜ失敗したのか?」 「なぜ知らないのに答えが合うのか?」 「よく出る? よく誤解する? だからなんですかい? どうすりゃいいんですか?」 「試験官の問題作成パターンや意図」等を、 正確に意識できるよう 提供してあります。    詳しくは下記リンクから必ず見てくれ! 以上 寺本考志   続きを読む