予想問題ってのは、本番では当たらない。

「当たる、当たった」ってゆう奴は、うそつきだ。

 

今、2016年です。

いいかげん、そうゆう小学生を騙すような「うたい文句」にひっかかって金を出すのはやめましょう。

で、

私が教えてるのは、

本番で何を出されても、 合計180点とれる力、

そこの身につけ方だ。

 

「しんどい、めんどくさそーー」

気持ちはわからんでもないが、

結局、

本番で 意味が読み取れなきゃ、急所の問題は点数取れないし、

本番で実際に 何も思いつかず、

点数落として、また来年・・

 

そうゆう展開になることが一番最悪なことをわかってるから、

私は こうゆう方針なのだ。

何年も前から。

 

 

不合格を前提に話をすると、テンションは下がるかもしれないが、

勉強やってきた一年が無駄になる可能性をあることを忘れないでいただきたい。

もし、

一回で受かりたい、早く勉強を終わらせて 資格がほしいのであれば私の教材と講座を利用しましょう。

 

あなたの普段の勉強と合格者の違い 本番で点数取ることだけに集中するとは?

ひとつだけハッキリ言えることがある。

それは
試験で点数とることへの 難しさは

自分が思ってることと 実際は 全然違うモノだってことを

いち早く知れば済む、自分が変われるってこと。

本当に難しさがあるとすれば

「ここは必要・・」と思ったらすぐに

試験でいらないものも混ぜた文章が出てくる。
そこの善悪を区別できないまま、丸ごと必要だと思うからこそ、

「使えない知識」と化す。

ここが難しさ。

自力で判別する?

そんな人、もう、よっぽどの優良受験生ですよ。

 

本番で点数稼ぐための最も有効な対策とは? (裏プロの分析データ)

次回本番で点数稼ぐための最も有効な対策は

次回の問題、全部を当てにいく勉強をやめることだ。

 

「1問も落とせない! 」

「もしかしたら、これ、出るかも・・ 」

自分の知らない知識を目にすると、

いっつもいっつも気になってる、

いちいちシビれてしまう、

その状態から抜け出せないのは、

自分がやったことが 本番でそのまんま出てくれる・・

やればやるほど期待してるから。
その甘い期待を完全に諦める。

「次回、本番の問題で 何が出るか当てにいく!」

なんて勉強や期待は

ハッキリいって サイキック(超能力)の世界ですよ。

まともに付き合ってはいけない。

ならばどうするか?

「知ってる、知らないから あ〜だこ〜だ」

「重要知識、片っぱしから集め倒して ど~のこ~の」

「正しい答えが言えるから スゴイ、偉い」

なんかで、自分の実力測りにかかる世界を捨てて、
データが全部揃ってなくても 本番で 実際なんとかなってる状態を作りにいくんです。

 

以上

寺本考志