スポンサーリンク

行政書士 民法債権 解説 「書面によらない贈与」

 

「書面によらない贈与」

なんですかコレは?

書面によらない贈与は 当事者はいつでも撤回できる。

意味

1 当事者てかいてるから あげた人、もらった人、どっちからでも言える

2 あげるって話を書面に書いたら 売買契約と同じになって無条件撤回が効かないってこと

↑ こんなんを裏読みって呼ぶ。

具体例

あなたが 居酒屋にいきました。

知らない人と仲良くなった、

よくあるだろう、

あなたのことを気に入った相手が酒で気分がよくなって

身につけてたロレックスを あなたにあげるといってきた。

だが

あなたは こう考えるだろう、

・・・

おしまい

 

え?

続きが気になる? もっと聞きたい?

寺本の民法・行政法の解説も見たい?

と思ったら)^o^(

今すぐ私の無料メール講座にメルアドを登録してくださいね)^o^(

→登録はこちらから

以上

 


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら