スポンサーリンク

【応用対策180点】行政書士試験 問題文を誤解、誤読しないで済む方法

どうも 寺本です(・_・)

【民法改正】

データがそろってないときがチャンス。

出せる問題が予想できるから。

しかし、

民法改正は 考え方変わった場所が多いから 理解に時間がかかる。

だから?

今の時期からやらな、本試験日に間に合わないってことです。

【本番で点数取れる視点】

過去問やって覚えたら 本番で点数とれるか?

取れない、

なんで?

二度と同じもん出さないから。

だったら なんでテキストと過去問で合格できるといってるのか?

それは

過去問には 視点が書いてるから。

・テキストの ここはこうゆう意味だよ?

・テキストのコレは アレとは関係ある、関係ないことを知ってますか?

教えてくれるから 過去問が必須なのです。

 

ゆうてることわかりますか?

普段あなたが勉強して得た視点と 試験官の視点が一致してなきゃ

毎日遊んでたのと同じなのです。

 

【どうやったら あなたの視点と試験官の視点が一致するのか?】

まず第一に

「問題の答えがあってる、間違えてる」はゴミだと思えること。

なんで?

「この問題は こー書いてる、こう考えたら答えは右だ、

ああ考えたら答えは左だ」

そこまでいけてないから。

 

その 右か?左か?の手前まで正確にたどりつけて答えを間違えるのではなく

何を聞いてるのか?

そもそも問題文を誤解、誤読してそのまんま正誤を間違えること。

 

試験終わって 業者解説みて

「あー そうやった」

「そんなんあった気がするわ」

これが不合格者のほとんどのは敗因なのです。

業者の解説をうのみにして丸覚えしても

本番では使えない理由はこれです。

 

自分は読めてない

その一点を改善することに すべての金と時間と労力を使うのです。

 

【だったら どうやったら 問題文を誤解、誤読しないで済むのか?】

答えはただひとつ。

テキスト、過去問を見て 正しい質問を作れることです。

自分が毎日作れることです。

なぜ 私は テキストの目次、見出しを見ろと言ってるのか?

なぜ 私は 過去問の設問、肢の前段を見ろといってるのか?

それは

質問が書いてるから。

その質問を自分で変換できるチカラを持てば正誤判断が正確になるのです。

私の人生をかけて請け合ってもいい、

本番無意識状態でも 必ず 正誤判断が正確になるのです。

 

【まとめ】

もちろん、

いまのあなたでは

「テキストの目次、見出し」「過去問の設問、肢の前段」

を正しい質問に変換しろ!

と言われても

ん?

何も思い浮かばないだろう。

そこが 私の講座参加者に教えてることです。

 

もしかしたら 私の講座の価値がわからないひともいるかもしれない。

じゃ、こう考えてみてはどうだろうか

 

資格試験に限らず 普段の生活で

「他人から聞かれて 言葉に詰まってシビれること」ってありますよね?

なんで?

「ソレを他人から聞かれる」って意識したことが一回もないからですよね?

多くの受験生は 行政書士試験の本番で 上記の状況と同じことが起こってるってことです。

 

要は

受験生の勉強の穴を 試験官が知ってるってことです。

穴を知ってるから ついてくるのです。

試験官の質問バリエーションに何が起こってもついていくにはどうしたらええかって?

簡単や。

「ソレを他人から聞かれる」って今から意識できたらいいんですよね?

そのためには

自分で自分に正しい質問して 自分が答える訓練法を教えてもらうこと。

私と毎日やりとりできれば

あなたが一人でそれができるようになるってことです。

以上

今日はどうもありがとうございました。


ーーー

【寺本考志への問い合わせ 販売教材 講座 サイト紹介】

3日3晩 一人で考えても答えは出ないですよ。
私の講座参加したい人は 早く始めたほうがいいですよ(^)o(^)
迷ってるならやりたい証拠)^o^(
わからないこと、ききたいことがありましたら遠慮なくどうぞ。
自己紹介してくださいね。

→寺本先生への相談・問い合わせはこちら

→ スマホ通信講座 クライマックスVロードの内容ページはこちら

【みんなの書き込みコメント】 名前やメルアド不要で書けるで