スポンサーリンク

行政書士試験 一般知識 第1話

行政書士試験 一般知識 第1話

 

※出る順 一般知識のページ数を書いてますが 無視して 目次からページ数を探し直してください

 

※画像を見せる意味は

1 記号処理

私が えんぴつで線を引いた部分。

あなたもいっしょに 頭から読んで その部分にえんぴつでチェックしてみる

「こうゆうところが怪しいんじゃないか?」

「考えなきゃいけないんじゃないか?」

それがチェック、線引きの意味です。

 

 

 

・過去問2014問55 153

img_0747

 

すいません、

これ、何言ってるんですか?(笑)

要は

選挙運動で やっていいことと悪いことが決められてるってこと。

正しいの一個えらべ!

 

肢1

2行目

選挙期日・・

後の!!

挨拶行為が可能

 

本番終わって挨拶したら何が悪いの?

こうゆうこと、本気で書いてくるから 本試験なんです。

あしの2.3.4なんて 2分で考えてわかるはずがない、

受験生として わかる必要もないっておもってなきゃいけない。

 

本試験問題て言っても 一般知識は

こんな たった一個の視点、たった一点だけを考えただけで 点数になる問題が非常に多いのだ。

 

・過去問 2007 問56

覚える足1.3.4.5

これら、何回もみたことがあるので。

 

過去問2013 問55 237

img_0770

足の1

後段は  要は 公益守るためってことでしょう。

 

足の4みたいな出だし、

主語の時点で読んではダメ

 

過去問2011 問55 231

img_0769

これ、

ア、ウ、エが答えになってるが

知識そのものです。

 

ア、ウさえ分かれば点数もらえる設計だから

 

私も答えが合った。

過去問2012 問57 225

img_0768

ア、イ、ウが知識です。

 

後ろの解説見てもいい。

 

そして

 

ア、イの肢、要注意です。

 

何が?

 

主語が違う!

 

各足、

しっかり主語を噛み締めて読み始めましょう。

 

民法記述でも同じですが 主語、だれが?を読むこと!

さらに

 

アの足で面白いのが

 

国の行政機関と

 

地方公共団体の行政機関は

 

区別されることがあるんだってこと。

過去問2010 問54  221

img_0766

足の1

 

財産的利益

 

要は 著作権みたいなもんをも

 

個人情報保護法は守ってるんだって話。

 

こんなんを法律上の利益ってゆうんですよ。

 

 

 

足の3

 

出た出た!

 

知識じゃなく、試験官の作文

 

もうマルの方向で考えるしかない文章

 

答えにするのが怖くなる足の代表。

足の4

 

一歩踏み込んだ難しいほうの知識、

 

諮問したって 審査会の答申に拘束されない

 

過去問2008 問53 217

img_0765

5つの足すべてド基礎ですね。

 

 

アの足

 

法律の目的

 

とくれば、何するんでしたか?

 

手続法、審査法、訴訟法

 

個人情報保護法、行政機関個人情報保護法

 

一気に 目的の部分だけ見るんです。

 

10分かかるかどうかの短い時間で見れます。

 

あのー

 

なんどもいうように

法律の目的の部分て、考えても無駄なんです。

 

 

ポイントもクソもない。

 

 

 

そのまんまを知ってるかどうか?

 

あるフレーズが入ってるかどうか?

 

そうゆうことでしか判断できないから

 

なんども見てくださいと言ってるんです。

 

 

イの肢

 

これ、

 

面白いのが

 

行政機関個人情報保護法の

 

行政機関とは

 

内閣に置かれた機関等を指す

 

等=独立行政法人

 

そうなの?って話です(笑)

 

 

過去問215 問56 215

img_0764

これ、

 

1番の

 

弁護士の照会 無条件で?

 

できなさそうと考えてしまう•  •

 

ところが

 

足の4

 

明らかに同意がいる足になってる。

 

 

 

法令択一、一般知識問わず

 

1番には 危ない足が入ってることが多い。

 

だから、

 

簡単な足を先に探して記号をつけましょうって話。

 

 

スポンサーリンク
行政書士試験 寺本考志の攻略法